てぃあら★ぶる

小学生のこども3人の親。 自分の好きな作品をただレビューしていきますw ※現在仕事が忙しく、更新が緩くなっていますm(__)m

前回、レト教の不義を見破ったエドとアル。
ロゼと共に教団の本部に殴りこんだエドは、そこで人体錬成の代償を皆の目に刻み付けます。

人体錬成という禁忌を犯したことで、オートメイルの体となった鋼の錬金術師。
彼らが歩んできた罪の道とはー?!

感想です☆




第2話~ 「命の代価」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

今回から、感想始めます!

いわずと知れた有名作品なので、もう説明不要ですねw
今年は連載終了から10年ということで、話題にもなっています。

アニメも漫画も全て制覇しましたが、未だここまで伏線回収が見事な作品は見たことがないと思っています。
その魅力を少しでも伝えられると幸いです。

それでは1話、感想です☆





第1話~ 「二人の錬金術師」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、3周目の自身と向き合うことで、決意を鈍らせていった由乃。
彼女の迷いは所有者たちの未来を変え、結果3周目の由乃を救うことになります。

そして1周目の由乃の終わりのときー
ムルムルと共に、球体から召喚された雪輝。

彼はその決意通り、今度こそ由乃を救うことができるのでしょうかー?!

最終回、感想です☆




Diary59~ 「Last Diary」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、デウスの幻覚空間に閉じ込められてしまった雪輝。
由乃は彼に別れを告げ、3周目の世界でのサバイバルゲームを始めようとしますー。

そんな彼女に抵抗するみねねと、由乃を守ろうとするムルムル。
2人は戦い、勝利はムルムルの手に握られました。

このままなす術なく、2周目の世界は終わり、3周目のサバイバルゲームは始まってしまうのでしょうかー?!

感想です☆




Diary58~ 「悪人」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、ついに戦うこととなった雪輝と由乃。
しかしあくまでも由乃を救おうとする雪輝に、次第に由乃は調子を乱していきます。

雪輝のDEAD ENDは回避となるのか。
それとも由乃に残された手によって、未来は変えることなく終わってしまうのでしょうかー。

クライマックスー
感想です☆





Diary57~ 「偽りの清算」





※以下、ネタバレあり※









 続きを読む

前回、由乃を救うために3周目の世界に移動した雪輝とみねね。
雪輝は3周目の世界の由乃をも救うため、手を尽くそうとします。

しかしそこに現れたのは、彼の両親を人質にとった由乃とムルムル。
あくまでも雪輝を殺そうとする由乃ー
彼らには戦う運命しかないのでしょうか?!

感想です☆




Diary56~ 「僕の選択」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

今回から、12巻です!
いよいよ最終巻!


前回、由乃を救うために未来に抗うことを決意した雪輝。
世界が滅びるその日、彼はこの差バイナルゲームを終わらせることができるのでしょうか。

そしてそんな2人の前に、現れたみねね。
なぜ彼女は復活したのか。そしてその目的は、一体何なのでしょうかー?!

感想です☆





Diary55~ 「閉幕より全てを解放」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、ムルムルによって由乃がタイムリープしていることを知った雪輝。
彼は忌まわしいこのサバイバルゲームを憎み、由乃に立ち向かうことを決意します。

いよいよ所有者同士の最後の戦い。
この戦いを勝ち抜いて神になるのは、雪輝と由乃のどちらとなるのでしょうかー?!

感想です☆






Diary54~ 「愛しているから、愛すればこそ」






※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、ついに結ばれた雪輝と由乃。
しかし或たちが残した真実を突き詰めるため、雪輝は由乃に迫ります。

そんな彼に、絶望する由乃。
タイムリープを経験した彼女は、今回も間違った道を選んでしまうのか。
それとも今度こそ未来は変わるのでしょうかー?!

感想です☆




Diary53~ 「螺旋/スパイラルゲーム」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、かまどと或を殺し、いよいよ雪輝に神になるよう囁く由乃。
しかし死の間際、或は由乃の秘密についてついに答えに達しますー!!

命を賭けて雪輝に真実を伝えた或。
その思いは届くのか。
そしてついに動き出したムルムルの目的とはー?!

感想です☆




Diary52~ 「重なる体/重ならぬ心」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

↑このページのトップヘ