てぃあら★ぶる

小学生のこども3人の親。 自分の好きな作品をただレビューしていきますw ※現在仕事が忙しく、更新が緩くなっていますm(__)m

前回、ノルマのために人々を閉じ込めたトレーナーの罪を、見事暴いた弥子たち。
彼らは再び新しい血族との戦いに向けて、準備を始めますー。

一方度重なる失敗から、シックスはジェニュインに対して最後通告を行います。
失敗すれば後はない・・
第4の敵、ジェニュインはどんな手でネウロに挑もうとするのでしょうかー?!

感想です☆




女王様は魔女~第165話 「Q【じょおう】」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、次の戦いに向けて体を鍛えなおすことにした弥子たち。
2人はジムの無料体験へと繰り出すことにします。

しかしそのジムのトレーナーは、恐ろしい本性を弥子の前に現したのでしたー!!

感想です☆




女王様は魔女~第164話 「標【ノルマ】」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、ついに本城の日記を見つけ、シックスへの重要な足掛かりを得たネウロたち。
製薬会社グリーンX-
彼らはそこへ向かうため、体力をつけようと(?)動き出します。

一方、3人も倒され、後のない新しい血族。
ついに指揮官であったジェニュインが舞台へ立つ決意をしますー!!

第4戦目、一体どんな戦いとなるのでしょうか?!

感想です☆




女王様は魔女~第163話 「鍛【トレーニング】」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、自分の過去を見つめ、全てを終わらせるために自殺したヴァイジャヤ。
最後に強いことの重みを知った彼は、新しい血族の情報を抱えたまま息絶えていったのでした・・。

戦いは終わり、次は本城の記憶を探すときです!
彼の日記は無事に見つかり、新しい血族につながる情報は得られるのでしょうかー!!

感想です☆





女王様は魔女~第162話 「紙【しゅうかく】」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

今回から、19巻です!

前回、死闘を潜り抜けてヴァイジャヤに止めを刺した吾代。

相いれられなかった2人ー
その原因であるシックスとヴァイジャヤの出会いとは一体?!

いよいよヴァイジャヤ編も、終幕のときでしょうか・・。

感想です☆





女王様は魔女~第161話 「強【よわい】」





※以下、ネタバレあり※








続きを読む

前回、ヴァイジャヤの策を見破り、一歩前に出たかに見えた弥子たち。
けれども彼の能力はネウロが予想した以上のもので、弥子たちは再びピンチに立たされてしまいます。

余りに強大なヴァイジャヤの前に、人間が敵う術はあるのかー。
迫りくる大木から、彼らは逃れられたのでしょうか?!

感想です☆




根絶やしの少年~第160話 「失【なくす】」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、森の中でついに本性を現したヴァイジャヤ。
次々に迫る彼の手に、弥子たちは膝をついてしまいます・・。

そしてヴァイジャヤの手は、吾代にも伸びました。
このまま人間は彼に為す術もなく、倒れてしまうのでしょうかー?!

感想です☆




根絶やしの少年~第159話 「草【しょくぶつ】」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、本城の手がかりを探しに向かった弥子たち。
しかしそこには、既に彼らを待ち受ける準備をしたヴァイジャヤと葛西がいました。

ついに始まる本戦ー
新しい血族への証拠は掴めるのか、それとも人間もろとも壊されてしまうのか・・。

感想です☆





根絶やしの少年~第158話 「呪【のろい】」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、見事チー坊たちの作戦を読み切り、本城を守り切ることに成功した弥子たち。

しかしこのまま、2人が弥子たちを見逃すはずはありません。
すぐに再戦となるでしょう。

後半戦ー
後がないチー坊たちは、一体どんな手で弥子たちに戦いを仕掛けてくるのでしょうか。
そして弥子たちは、彼らにどう立ち向かうのかー

感想です☆





根絶やしの少年~第157話 「昔【かこ】」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、テラとチー坊の情報を得るために行きついた先で、弥子たちは本城と再会します。
弥子たちは新しい血族の情報を、彼から引き出すことができるのでしょうか。

そしてそんな4人の前に、チー坊と葛西が立ちはだかります。
いよいよ第3戦ー
ネウロ無しで、弥子たちはこの戦いを乗り切ることができるのでしょうかー?!

感想です☆





根絶やしの少年~第156話 「異【ちがい】」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

↑このページのトップヘ