てぃあら★ぶる

小学生のこども3人の親。 自分の好きな作品をただレビューしていきますw ※現在仕事が忙しく、更新が緩くなっていますm(__)m

前回、友人たちの協力により、由乃の監禁から抜け出した雪輝。
自分たちを酷い状況に導いた彼女に、雪輝は別れを告げます。

失意に飲まれる由乃。
そんな2人の元へ現れた新たな未来日記所有者の女性ー

8thの影も感じるなか、再び所有者同士の戦いが始まる予感です!!

感想です☆




Diary27~ 「支える者達」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、由乃の家に眠る死体の謎に迫った或。
しかしパニックになった由乃は彼らのことを忘れるよう記憶を改ざんし、彼女の攻撃は更に激化することになりました。

そんな中、高坂のつけていた日記に変化が。
日記所有者見習いとは一体?
日記所有者たちのサバイバルゲームに、何が起きているのでしょうかー。

感想です☆




Diary26~ 「8th/増殖倶楽部」





※以下、ネタバレあり※






続きを読む

前回、西島と組んで雪輝たちの行方を追った或たち。
しかし彼らは由乃の罠にハマり、命の危険にさらされてしまいます!!

また当の雪輝も、由乃に監禁され衰弱している状況・・。
全員ピンチの中、彼らは雪輝を助けて由乃を正気に戻すことができるのでしょうか?!
そして、この状況を作った由乃の目的とはー?!

感想です☆




Diary25~ 「8thの日記」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

今回から、6巻です!

前回、来須との戦いに勝ちぬいた雪輝たち。
10th殺害の容疑も晴れ、ようやく自由の身となったかに見えました。

しかし今度は警察殺しの犯人として、由乃が追われる身となり・・?!
まだその事実を知らない雪輝は、事実を知った時どう対応するのでしょうかー。

感想です☆




Diary24~ 「a blank」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、交渉は決裂し、病院内での戦いに入った雪輝たちと来須。
彼の捨て身の行動に、雪輝たち3人はピンチに見舞われます。

子どもの命を救いたい来須。
雪輝だけは救いたい由乃。
2人の思いはぶつかり合い、最悪の展開を迎えます。

爆弾により、2人共死んでしまうことになるのかー?!

感想です☆




Diary23~ 「終わる世界」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、来須の妻を追って行った病院で、みねねと遭遇した雪輝たち。
成り行きから3人は手を組むこととなり、同時に来須による3人のDEAD ENDフラグが立ってしまいます・・。

そんな中、来須が神になろうとしている理由を知った雪輝たち。
来須が抱えるものを知った雪輝は、果たして彼と戦うことができるのでしょうかー?!

感想です☆




Diary22~ 「痛みと光」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、来須によって破棄された未来同盟。
雪輝と由乃は犯罪者として捕まることを恐れて逃亡。
本当に警察に追われる身となってしまいます。

全ては、来須の狙い通り。
由乃に打ち立てられたDEAD ENDフラグを、2人は回避することができるのでしょうかー?!

感想です☆




Diary21~ 「二人の窮地」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、由乃との甘い時間を過ごした雪輝。
だがそんな楽しい時間を過ごした後の彼に待っていたのは、余りに信じ難い事実でした・・。

一方、来須は10thを殺した容疑者が、雪輝と由乃だと主張。
彼の策によって、2人は警察から追われる身となってしまいます!

来須の目的とは一体ー?!

感想です☆




Diary20~ 「二人だけの逃亡」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

今回から、5巻です!

前回、由乃との恋人宣言をしてしまった雪輝。
日向を救うためには仕方なかった嘘ですが、その嘘は2人の関係にどんな変化を与えるのでしょうか。

また、10thを殺すために直接手を下した来須。
警察である彼が、自ら手を汚した真意とはー?!
未来同盟は、どうなってしまうのでしょうか。

感想です☆





Diary19~ 「襖の向こう」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、或との賭けに敗れた日向。
親友のまおをも失った彼女は自暴自棄になり、犬たちを雪輝たちにけしかけます。

けれども、彼女のことを憎めない雪輝。
彼はもう1度彼女と話し合おうと決意しますが、由乃はそれを拒みます。

VS10th戦。
その結末はー?!

感想です☆




Diary18~ 「君を殺しても」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

↑このページのトップヘ