アニメ化、いよいよ来週ですね!
わたしはアマゾンプライムに入っているので、10日には見れる!楽しみ!

で、今気になってるのが、アニメ1話は原作のどこまでをやるんだろうーっていうこと。
話数が限られてるので、原作1話分が1話ってことはないと思うんですが・・かなり駆け足になるのかなぁ。。
何はともあれ、楽しみです!!



勝第2幕「しろがね



※以下、ネタバレあり※
◎あらすじ◎

勝(まさる)を救ったしろがねー
彼女は、かつて祖父がフランスに住んでいたときの、勝の乳母の娘だった。
貧しかったしろがねの家を救ってくれた祖父への恩から、彼女は勝を救ってくれたのだ。

そんな彼女は勝の祖父から人形操りを教わったそうで、「あるるかん」という名のからくり人形を操って、敵を倒した。
そんな姿に不審を感じる鳴海(なるみ)と、勝を守ろうとするしろがねは、初対面ゆえ対立してしまう。
そして戦いがこじれた末、2人は勝にケガをさせてしまうのだった。

勝のことを心配するしろがね。
彼女のその態度に鳴海は少し心を動かされる。
だがしろがねは鳴海を受け入れようとはせず、勝のことは任せるよう言い残して去ってしまう・・。

面倒ごとから解放されたとほっとする鳴海。
だが、事件に巻き込まれた人たちを見るにつれ、彼の心はざわついていく。
事情を知ってしまったのに、ただ自分のために人を笑わせていくだけでいいのか。
こんな事件が続いたら、笑ってくれる子などいなくなってしまうのではないかー。
鳴海はしろがねたちの後を追うのだった。

その頃、しろがねは勝を抱えて街をさまよっていた。
奇抜な見た目の彼女と大きなスーツケースに、足を止めてくれる者はいない。
タクシーも止まらず途方にくれるしろがね。
するとそこに、再び鳴海が現れるのだった。

最初は反発するも、勝のために鳴海を頼ることにしたしろがね。
彼らは鳴海の知り合いの医者の元へと隠れこむのだった。

だが、そんな彼らのところへ、再び刺客が訪れるのだったー。






鳴海は熱い男ですねー!!
一つ一つのセリフから、魂が感じられます。

そして子供を放っておけないところもいいですよね。
しろがねが彼の良さに気付くのも、そう遠くはないでしょう。

2話にして、2人の共闘が始まるシーンも溜まりませんね!
からくり人形 対 からくり人形。
戦いが楽しみです。


完全版もついに発売!!








通常版はこっち~。