すっかり遅くなってしまいましたが、せっかくリアルタイムで視聴できるので、アニメ版の感想も載せていきたいと思いまーす!!

1話、感動しすぎて4,5回見てしまった・・w
大好きすぎる。

ネタバレありなので、未視聴の方はお気をつけください~!


からくりサーカス1話「開幕ベル」

※以下、ネタバレあり※
サーカスのチラシ配りをしていた加藤鳴海(かとうなるみ)は、ゾナハ病という病を抱えていた。
その病は人を笑わさなければ、呼吸が苦しくなる・・という奇病で、鳴海は人を笑わせるためにチラシ配りをしているのだった。

そんなある日、彼は少年に声をかけられる。
「サーカスに連れていってくれませんか?」

声をかけてきた少年の名前は才賀勝(さいがまさる)。
鳴海は一旦はそのお願いを断るが、きまり悪くなって勝の姿を追う。
するとそこには、複数の男に連れていかれそうになっている勝がいた。

勢いで勝を助ける鳴海。
2人は電車に逃げ込んだのだった・・。

そこで勝に事情を聞く鳴海。
勝によれば、彼は大会社「サイガ」の社長の息子だという。
父親が不慮の事故で亡くなって以来、彼の周りには怪しい男たちがうろつきだしたのだそうだ。

そんな勝がサーカスを目指して逃げたのには、訳があった。
彼の祖父が、父親の生前こんなことを言っていたのだ。
「もし父親が死んで何か変なことが起きたら、トランクを持って逃げろ。そうすればしろがねが助けてくれる」・・と。

しろがねが何なのかは分からずとも、その言葉を頼りにしてここまで来たと言う勝。
と、そこへさっき勝を誘拐しようとした男たちが再びやってくる。
中国拳法の使い手の鳴海は応戦するが、相手は人間離れした動きを見せる。

そう、敵は機械人形だったのだ・・。

人形たちによって電車は脱線し、勝は鳴海や町の人々を巻き込んだことに後悔して、涙を見せる。
だがそんな勝に、鳴海は諦めるなと語る。
そして敵に対し、抵抗を見せるのだった。

そんな姿に心を動かされる勝。
電車はサーカスに突っ込み、彼の前には敵が立ちはだかる。
「あきらめるな」
その言葉を胸に、勝は叫ぶ。

「しろがねーーーーーー!!!」

すると・・一人の少女が現れる。
銀髪の美少女。
彼女は勝の前に姿を現すと、トランクの中からからくり人形ーあるるかんと呼んだーを取り出して戦うのだった。

あるるかんの前に、倒れる敵たち。
しろがねは勝のことをお坊ちゃまと呼び、自分は勝の乳母の娘だと伝えた。

そんな彼女は、鳴海にも敵意を向ける。
事情を理解しあえない2人は、口論になり、ふとした拍子に勝を傷つけてしまう。
慌てたしろがねは鳴海を突き放し、自分ひとりで勝を守ると言い、その場を去るのだった。

一方鳴海は事故の現場に戻り、その被害を目の当たりにする。
傷つき、泣く子ども。
その姿を見て、鳴海の心は震える。
「こんなことが続いても、自分はまだ人を笑わせていられるのか」
彼はしろがねたちを追うのだった。

その頃ー一人の男が、電話をかけていた。
彼はさっきの事件に関係し、その報告をしていた。
そして彼は言う。自分も人形を使う者だと。
「プルチネルラを使ってもいいですかい?」

さて・・一方のしろがねは、勝を連れて雨の中を歩いていた。
奇抜な恰好の彼女たちに、声をかけてくれる者や、足を止めてくれるタクシーはいない。
と、そこへ鳴海は追いつく。
彼は自分の知り合いの医者の元へ案内すると言い、勝のことを思うしろがねも、それに従うのだった・・。

病院にて。
治療を受け、眠る勝。
そんな彼を前に、しろがねは鳴海の行動の意味を問う。
なぜ関係のない者が人を助けようとするのか、と。
それに対して鳴海は答える。
自分のためだ、と。

少しではあるが、鳴海に理解を示すしろがね。
そんな2人の元に、早くも敵の再来が訪れるのだった・・。



1話はここまででしたー!!
まぁいきなりプルチネルラとの戦いまで行くのでは長すぎなので、予想通りかな?
でもこのペースで進めたら終わるはずがないので、今後はもっと巻きになったりカットされたりするんでしょうね。
それも含めてドキドキですね!

それにしても、冒頭のサービスシーン、よかった!!
最古の4人をもう見せてくれるなんて!!
特にパンタローネがたまりませんでした。
あの笑みを浮かべて、ポーズを決める姿!!
早く登場を見たいなぁ~。

後はあるるかんの登場シーンは圧巻でしたね。
糸が銀色で、なんとも画面に映える!
そして作画がキレイ!!
思わず何回も見直しちゃいました(*´Д`*)
次回のプルチネルラとの戦いも楽しみだなぁ。。

んで、声ですが・・おおむね良かったと思います。
ただしろがねだけ、わたしのイメージではなかったなぁ。
いや、合ってない訳じゃ全然ないんですけど、漫画で読んでるときはもっと声の低いイメージで読んでたんで。
あっ声、若い・・って思っちゃいましたw年齢的に当たり前か。

いや、でもそんなの気にならないくらいすごくいい出来でした!
ホントこれからが楽しみ。ギイとか早く見たいなぁ。

2話もすぐに感想書けるように頑張りますー!!
ではでは☆










この話は1巻収録ですよ~☆