色々と核心に迫りだした前回。
勝の父のファイルには何が書かれているのか・・
感想です☆




勝13幕   「父のファイル②」



※以下、ネタバレあり※
◎あらすじ◎

高見
(たかみ)を倒した後・・鳴海(なるみ)は阿紫花(あしはな)としろがねに詰め寄っていた。
人形あやつりとは何なのか。しろがねはなぜからくり人形を使い、勝(まさる)を守ろうとするのか。
そこで阿紫花は語りだすのだった。


◎阿紫花たちのルーツ
彼ら人形使いの一族は、黒賀(くろが)という村の出身だった。
遠い昔から人形の舞などで生計を立ててきた一族。
そんな彼らの人形を作っていたのが、才賀(さいが)だったのだ。

才賀は元々はからくり人形を作る集団だったが、現在は機械工業を営む大企業となった。
だが彼らはその一方で、いまだ人形作りを続けていた。
そしてそれを黒賀の一族に使わせ、その強さを試させていたというのだ。

その結果、人形を殺しに使うぶっ殺し組や誘拐組が生まれてしまった・・
奇妙な話に、鳴海の頭はますます混乱してしまう。
そんな彼に、阿紫花は言う。
もしかしたら才賀は、人形を壊すための人形を作ろうとしていたのではないか・・と。


一方、勝は父のファイルに目を通していた。

◎勝の存在理由

しろがねは全ての人形の破壊者である。
そして才賀はその手助けをしてきた。
その結果人形を操る者は、黒賀の村の者だけとなった。
彼らが消えれば、しろがねと才賀の目的は完遂となる。
そのため・・才賀は、勝をエサに使うことにしたのだ。

勝の父が死ぬ際、彼に全遺産を残すこととする。
そうすれば兄弟や親せきたちは激昂し、勝を殺そうと企んだり養子にしようとする者が出てくるはずだ。
ー黒賀の者たちに頼んで。
そこで相討ちさせれば・・人形使いたちは滅びるだろう。

勝の存在理由は、それが全てだったのだ。




父の計画を知り、愕然とする勝。
そんな彼の前に、再び善治が現れる。
力で勝を屈服させようとする善治。
だが勝はそんな叔父に対して、抵抗するのだったー。

その頃・・鳴海としろがねは屋敷内を探し回っていた。
そんな2人に、危機が訪れる。
鳴海はゾナハ病の兆候が・・そしてしろがねは、屋敷のからくりに飲み込まれてしまったのだったー。




予想もしない展開でしたねー!!
まさか勝を巡っての戦いを仕組んでいたのが、父親だったとは。
そして勝はただのエサで、真の目的がほかにあったとは!!

・・やるせない話ですねぇ。
鳴海が知ったら、すごく怒りそう。

母を亡くした勝にとって、父のこの仕打ちはあんまりですよね。
以前の回想に出てきたおじいちゃんは優しそうだったけど、あの人は味方なんでしょうか。
あれ?おじいちゃんはまだ生きてるんだよね?

とにかく勝にはこのまま逃げ切ってほしいです。
善治の暴力は酷すぎて目を背けたくなるけど、このまま自分を見失わず頑張れ!!