すっかり遅くなってしまいましたが、アニメ2話の感想です☆
今回はからくり人形たちが大活躍でした!!
アニメは本当に動きが映えていいです!
では☆



アニメからくりサーカス2話  「約束」



※以下、ネタバレあり※

◎あらすじ◎

鳴海(なるみ)の主治医の元に身を寄せた勝(まさる)としろがねだったが、早くも敵の来襲を受けてしまう。
サーカスの事件にも関わっていた男ー阿紫花(あしはな)が、からくり人形プルチネルラと共にやってきたのだ。

しろがねとの戦いを希望する阿紫花。
だが彼女とあるるかんの強さは凄まじく、阿紫花とプルチネルラはまったく歯が立たないのだった。
そうして、敵を追い払った3人。
世話になった医者の元を出ることにするが、しろがねは再び鳴海の同行を拒む。
勝を一人で守ろうとする頑なさに苛立った鳴海は、ゾナハ病の発作を抱えて街に飛び出すのだった。

発作を鎮めようと、とにかく誰かを笑わせようとする鳴海。
だが鬼気迫った彼の様子に、人々は笑うどころか怖がる始末。
と、そこへ勝としろがねが追いつく。
そうしてどうにかその場は和やかな雰囲気に変わり、鳴海の発作もおさまっていく。
鳴海を頼る勝。
そんな姿を見て、しろがねは不本意ながらも鳴海の家に身を寄せることにするのだった。


そして・・ひと時の穏やかな時間が訪れる。
お互いを気にしながらも、歩みよれない鳴海としろがね。
勝の笑顔に救われながら時を過ごしていたが・・2人がふと目を離した隙に、再び敵が勝に襲い掛かる。

今度の敵はグリモルディという名のからくり人形を連れた男たち。
不意を突かれ、勝は彼らに連れ去られてしまう。
・・と、そこへ阿紫花が姿を見せる。
彼によれば勝を連れていったのは別のグループであり、誘拐だけが目的とのこと。

複数の大人が1人の子供の命を狙ったり、誘拐したりする・・。
そのことに、鳴海は怒りを抑えきれない。
彼はしろがね、そして阿紫花らと共に、勝を追うことにするのだった。



やっぱり人形のシーンは壮観ですね!!
糸がキラキラ光って、本当キレイ。よく糸絡まないもんだな~って、絵が動いてると思っちゃいますねw

そして色がつくと、しろがねも美しい!!
銀色の髪と白い肌・・なんて、最高ですね。
服は変だけどね。

阿紫花の雰囲気もすごくいいし、映像になるとやっぱり楽しみ方が変わっていいですね。
2話で1巻分・・なかなかのハイスピードだから、「一時閉幕」まではあと2話ってとこかな。
なんかどこがカットされるかドキドキしながら見るのも、集中につながってより楽しめるし・・


やっぱりアニメ化してよかった!!!


次回も楽しみです☆



今回の話はこちらに収録されてます~。