いよいよ敵は倒し、物語は終わりに近づいています。
3人は無事に屋敷から脱出することができるのか。

感想です☆



勝第25幕   「脱出へ」


※以下、ネタバレあり※
◎あらすじ◎

塔が崩れ、屋敷側へ落ちた勝(まさる)たち。
彼らは足を負傷して、逃げ遅れた善治(ぜんじ)に気付く。

今までの怒りをぶつける鳴海(なるみ)。
だが何もできず命乞いをするだけの善治を見て、勝は彼を赦すことにする。
そんな彼の態度に、鳴海も心を落ち着けるのだった。


だが依然火の手は迫り、しろがねは負傷した足のせいで大出血していた。
どうやって逃げ出すか・・
焦る3人に、阿紫花(あしはな)が立ち上がった。

彼は爆発が続くのに余裕を見せていた金井(かない)たちに不審を感じ、脱出経路があることを見抜いていたのだ。
それは跳躍力に優れているグリセルを使って、森のほうへ逃げるという作戦だった。
いまだ阿紫花に疑心を隠せない鳴海は訝るが、阿紫花は勝に10億円で雇われた以上、任務は全うする、と伝える。
それを聞いた鳴海は、自身も10円で阿紫花を雇うから、必ず勝を助けるように頼むのだった。

そしてー先行組のグリセルと阿紫花が先に森のほうへと飛ぶ。
それは無事成功し、後は紐を渡っていけば、全員助かる寸法となる。
だが勝は、善治を見捨てることができなかった。
それは鳴海も同じで、勝は善治の元へと歩みよる。

だが、その時だった。
爆発で善治の周りの床が抜け、勝も巻き込みながら2人が落ちてしまったのだ。
足を負傷しているしろがねには勝を助けることができない・・
彼女に先に行くよう伝え、勝たちを助けにいこうとする鳴海。
が、そんな彼に再びゾナハ病の発作が襲い掛かる。

自分が笑って鳴海を助けないと!!
笑おうともがくしろがね。
だが出来ず謝る彼女を見て、鳴海は笑ってしまうのだった。



いつまでピンチは続くのか・・。
毎度ハラハラしてしまいますね。

鳴海のゾナハ病も、ここか!ってタイミングで来るんだから~。
一緒にいるしろがねも大変ですね(^^;)

で、勝ですよ!
元々優しい子ですが、あれだけされた善治を助けてあげるなんて本当優しいです。
なんだか鳴海に似てきましたよね。
2人のやり取りも、通じ合ってるようでよかったです。

そして、ようやく活躍した阿紫花さんw
ちゃんと仕事は果たすっていうのもかっこいいですね。
10円で雇われてあげるところも、男を感じます。

さて、後3人脱出できれば終わりです!
次回も楽しみですね☆