敵はやっつけたものの、運転手まで倒してしまって、まだまだピンチな勝たち。
どうやってっこのピンチを乗り切るのでしょうか。

感想です☆


サーカス 出発第7幕   「終点」


※以下、ネタバレあり※
◎あらすじ◎

敵を全て倒したものの、倒れた運転手の足がアクセルにかかっているため、トラックはどんどんスピードをあげて走っていく。
そして、先には急カーブ。
勝(まさる)たちは、絶体絶命のピンチに陥るのだった。


そこでー仲町(なかまち)たちが動き出す。
仲町が考えた案では、ノリがトラックに飛び乗って、ロープを仲町たちのトラックと結びつける。
そしてそのロープを伝って、ヒロが子供たちを連れ帰る。
余りにも途方もない案に、悲鳴をあげる2人。

だがーしろがねへの思いが、2人を奮い立たせる。
彼女によく思われたい一心で、ノリがロープを通し、ヒロとノリ2人で竹内(たけうち)と上田(うえだ)を救出するのだった。

そして・・残るは梶山(かじやま)だけ。
だが彼は腰が抜けて、動けなくなっていた。

そこで彼を背負う勝。
そのままあるるかんに運んでもらおうとしたが、その時。
生き残っていた成田(なりた)が、攻撃してくる。

それを見た勝は、しろがねに先に梶山を連れていくよう頼む。
驚くしろがねだったが、彼女は自分を信じるように話す勝に、ふと鳴海(なるみ)の面影を見る。
・・彼女は思わず、勝の提案にうなづいてしまうのだった。


そしてーカーブが近づくなか、勝は成田と戦う。
銃撃をよけ、成田に一撃を食わせる勝。 
彼はそのままロープを切り、その半分にしがみつく。
しろがねは彼の意を理解し、ロープを引っ張って、勝を引き上げるのだった。


瞬間、トラックは急カーブに突っ込み、大破する。
それと同時に警察がようやく到着。
彼らの戦いは終わるのだったー。
(誤解されて、仲町サーカスは逮捕されるが)



事件、終了!!


ようやく仲町サーカスが活躍しましたね!
しろがねのためとはいえ、サーカス仕込みの動きは見事でした!!
でもトラックは壊れたし、犯人扱いされちゃうし散々でしたねw

まぁ元々犯罪をしようとしてたんだし、仕方ない・・かな?(^^;)

でもこれでサーカス入りは決定ですね!
勝も何か芸を覚えるのかな?
サーカス編、楽しみですね☆


そして・・今回のハイライトは、なんといっても勝の鳴海化でしょう。
どんどん強くなり、彼に似ていきますね。
もしかして、しろがね、勝と恋愛ってことになるのかな?

でも年齢差がありすぎるかー・・。
ノリとヒロとはあり得ないだろうけどw

そこら辺も含めて、ますます楽しい展開になってきましたね!

次回は平和パートかな?
楽しみです☆