さぁ3作品目は、「月光条例」です☆
藤田和日郎作品の中ではマイナーな感じもしますが、わたしは好きです(^^)
キャラ造形がいいんですよね~。

ではどうぞ☆



①はこちら
②はこちら
③はこちら



「月光条例」は、おとぎ話の絵本を連想させるタッチが独特ですね。
1枚目は、滝平次郎の絵を思い出す。


FullSizeRender

FullSizeRender



設定資料です。

FullSizeRender
FullSizeRender


おとぎ話のキャラの造形がこの作品の魅力ですよね!!
よく知ってるキャラがどんなデザインなのか、毎回楽しみでした☆


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


特にシンデレラはすごく好みでした。
こんなシンデレラ、藤田先生しか描けないでしょう。





迫力がすごい!!!

FullSizeRender


なんていう画力。
こんな力強い絵、他では見ません。

FullSizeRender




 スマホが映り込んでしまった・・。
チルチルバージョンも好きです(^^)

FullSizeRender


かぐや姫のエピソードはよかった・・。


FullSizeRender



色使いがキレイだなぁ。。

FullSizeRender


FullSizeRender


お約束のあの場面も!!


FullSizeRender


FullSizeRender



そして・・ラストはやっぱり。
個人的にはこのラスト、しびれました!!!



FullSizeRender


サンデー連載当時はあんまり人気なかったイメージだけど、やっぱり面白かったし好きな作品ですね。

ほかにも展示されてたので、ぜひ足を運んでみてください☆





藤田和日郎原画展