前回で、ヴィルマ戦は終了!
今回からはどんなお話が始まるのでしょうか??

感想です☆




サーカス~入団希望者第1幕  「開幕ベル」







※以下、ネタバレあり※






◎あらすじ◎

夜中に目覚めるヴィルマ。
傷の痛みに起き上がった彼女は、自分の横にターゲットの勝(まさる)がいることに気付く。

そこに、しろがねが声をかける。
「勝に何かしたら、お前は死ぬ」
ヴィルマは今の状況を、彼女に尋ねるのだった。


あの後勝は、行き倒れた人を見つけたと言い張って、ヴィルマを泊めることを仲町(なかまち)たちに承諾させた。
そして夜中看病を続けたのだ。

何の冗談だ、と笑うヴィルマに、しろがねは怒る。
冗談で11歳の子供が、一晩中看病できるか、と。

勝はヴィルマに殺意がないと言った。
だから助けたが、引き続きしろがねはヴィルマを危険視している。
私のターゲットはお前だー

そう言い放つしろがねの冷たさに、背筋を震わすヴィルマ。
だが次の瞬間には勝のために優しく微笑む彼女を見て、ヴィルマは興味を持つ。
彼女は大人しく眠りにつくのだった。


翌朝、しろがねが地域の大道芸大会のチラシを持ってくる。
人数に空きが出たと聞いたので、仲町サーカスでの参加を申し込んだ、と彼女は話す。
突然のことに慌てふためく一行。
だが彼らは勝手に申し込んだことを咎めたりはしなかった。

みんな、舞台をやりたかったのだ。

その光景に、昔家族でサーカスの芸を練習したことを思い出すヴィルマ。
今更サーカスに戻ることなどできる訳がないー
彼女は一人寂しそうにつぶやくのだった。


一方仲町は秘密に、しろがねに打ち明ける。
資金がないため、いつまでもヴィルマを置いておくことはできないことを。
そんな中、あるニュースが彼らの耳に入ってくる。

それは三牛親子の資金使い込みが発覚し、ストローサーカスが解散した、との報だった。


そして翌日ー大道芸大会が始まる。
ヴィルマもすっかり回復して、様子を見についてきた。
引き続き、警戒を強化するしろがね。

そんな彼女たちと同じ会場で、仕事を求めうろつく2人の男がいた。
三牛親子ー彼らは無残なボロ姿で、芸をさせてくれ、と泣くのだった。






ストローサーカス解散!!


今回も勝編でしたね!
前回の続きからですが、ヴィルマが仲間に加わる道が見えてきましたね!

そしてストローサーカスも!
まさか資金使い込みで解散とはw

お金を失ったみすぼらしい2人ですが、ここに来たのも何かの縁です。
元々実力はあるので、仲町サーカス入りするのでしょう。

一気に3人!騒がしくなりそうですね~!!(^^)


で、ヴィルマですが・・まだ勝を狙うのかな?
個人的には彼女の中ではもう終わったことなのかなぁと感じましたが、しろがねは疑心にあふれてますね。
ただここでもう1回手を出したら、もう2度と仲町サーカスには入れないでしょう。。

だからもう無い!と信じていますよ~!!





さて次回は大道芸大会ですね!
どのようにここに、ヴィルマと三牛親子が関わってくるのか・・
久々に平常回で、楽しそうです!


次回も楽しみですね☆