前回、大道芸大会に出ることになった仲町サーカス。
ヴィルマへの警戒はまだ解けませんが、彼らは再び舞台を成功させることができるのでしょうか??

感想です☆




サーカス~入団希望者第2幕  「仲町サーカスのピンチ」





※以下、ネタバレあり※







◎あらすじ◎

大道芸大会会場。
仲町サーカスも、舞台の準備を着々と進めていた。
久しぶりの舞台に、わくわくする面々。
そんな中ヴィルマは、 自分がナイフ投げの型を無意識にしていることに気付くのだった。

その横を通る者がいた。
サーカスを解散させてしまった、三牛(みつうし)親子だ。
彼らは借金取りから逃げるため、流れるように旅してきたのだった。

2人はみじめな暮らしをしながらも、思うことは一緒だった。
サーカスができないのは寂しい・・と。

その時、2人は仲町(なかまち)たちが会場にいることに気付く。
しろがねに助けを請おうとするナオタを、必死で止める三牛。
彼は以前に自分が仲町サーカスをバカにした手前、仲町たちに合わせる顔がなかったのだ。


一方仲町サーカスは本番直前。
しろがねはヴィルマに、再度勝(まさる)のことで釘を差す。
そうして彼女をなるべく勝に近づけさせないようにするのだった。

そんな中、サーカスにピンチが起きる。
仲町、ヒロ、ノリの3人が、食中毒を起こしたのだ。
慌て、場を持たせようと努めるリーゼ。
だが彼女もファンに囲まれ、どこかへ流されてしまうのだった。

更にしろがねも、人助けをしている内に両手が空かない状態に。
時間になったのに団員は誰もいなくなってしまったー

そこで勝は腹を決めて、自分一人で舞台に立ち向かう。
だが練習中の一輪車乗りは、もちろん失敗。
客はすぐさまその場を離れてしまう。

その上横でやっている芸人に、場をしらけさせるな、と怒られてしまう勝。
だがそれでも勝は舞台に立とうとする。
自分も仲町サーカスの一員だから・・と。




2回目の舞台!!


仲町サーカス2回目の興行は・・最悪な幕開けでしたね(^^;)
次から次へと襲う不幸w
このサーカスは、本当に運がないですね。。

どうやら前回と同じ人形劇ベースの舞台を行うつもりだったようですね。
でも役者が全員抜けてしまっては・・どうしようもないですよね。

だから勝はよくやったと思います。
でも隣の芸人さんの言うことももっともですよね。
人を喜ばせるために努力してきた人たちにとっては、素人同然の子供に空気を悪くされたらたまったものじゃないですもんね。

でも勝のせいじゃないのに~(´Д⊂)
悲しい。


ここはヴィルマと三牛親子に助けてもらいたいものですね!
ヴィルマも親子も、サーカスをやりたいという気持ちは、勝と同じなのですから。


さて、次回は大道芸大会編終幕でしょうか。
勝は仲町サーカスの舞台を守れるのか?

次回も楽しみです☆