前回、それぞれの事情でピンチに陥った仲町サーカス。
勝は舞台を守り切ることができるのでしょうか??

感想です☆




サーカス~入団希望者第3幕 「一時閉幕」






※以下、ネタバレあり※






◎あらすじ◎

舞台を守ろうとする勝(まさる)。
だが彼の未熟な芸に、客は去って行ってしまう。

おまけに舞台が行われないとみた運営スタッフによって、道具は片付けられてしまう。
皆がもうすぐ戻ってくるかもしれないのに・・焦る勝は、必死でスタッフに食らいつく。
その様子を見る、ヴィルマと三牛(みつうし)親子。
だがスタッフに、彼は邪険にされてしまう。

その様子に、しろがねが思わず飛び出そうとしたその時だった。
ナイフが一斉に飛び、勝の体の周りを埋め尽くす。
それはヴィルマのナイフだった。

ナイフ屋から借りたナイフでの、即席ショー。
更にそこに、三牛親子も飛びいりする。

ナオタの足を使った「人曲」と、ヴィルマのナイフショー。
一気に盛り上がった舞台に、客は続々と集まってくる。
ようやく仲町サーカスの面々が戻ってきた頃には、舞台はクライマックスの大盛り上がりを見せていた。


勝を足で回すナオタ。
その勝が持つ缶に、ナイフを突き刺すヴィルマ。
舞台を盛り上げる、三牛の司会。
大歓声が、彼らを包むのだった。

終了後、満足そうな笑みを見せるヴィルマ。
彼女のその表情に、しろがねは警戒を解く。

一方の三牛親子も、勝の頑張りを見過ごせなかった、と話す。
そのことで、勝が必死に舞台を守ろうとしたことを知る仲町(なかまち)たち。
そんな彼らに、三牛たちは舞台を成功させた礼として、仲町サーカスに置いてくれるよう頼むのだった。

それはヴィルマもだった。
彼女は人殺しよりも、面白いものを見つけてしまったのだ。


こうして仲町サーカスには、新たに3人の新しい団員が加わったのだった。






ヴィルマ、三牛親子、仲町サーカス入団!!


ついに入りましたねー!
一気に3人!
大所帯になってきましたね~。

人間的にはどうなのかという3人ですが、サーカスを愛する心は本物ですよね。
今回のショーも、ぶっつけ本番とは思えない完成度でしたし!
見ていてすごく楽しかったです!!

しろがねもようやくヴィルマを認められたかな?
敵でなければ、彼女にはこういう姉キャラのほうが相性がいいと思います。
良き相談相手となってくれるといいですね。


そして勝も、無事舞台を守れて本当に良かったです。
彼の必死さが、皆の心を動かしたのですね。
そんな彼に動かされて集まった団員たち・・良いサーカスになることでしょう!



さて次回は勝と鳴海、どっちの話でしょうか。
勝だとしたら、転校の話かな?
鳴海だとしたら、「柔らかい石」探しの旅でしょう。

次回も楽しみです☆