「しろがねーO」のジョージにより、戦いへと誘われる阿紫花。
ルシールのからくり人形がなぜ日本に?
そして彼は依頼を引き受けるのでしょうか。

感想です☆





からくり~最終幕第3幕 「しろがね、サハラへ」




※以下、ネタバレあり※












◎あらすじ◎

阿紫花(あしはな)を仕事にスカウトするために、やってきたジョージ。
「しろがね」と聞いて、阿紫花はしろがねのことを思い出す。

そんな彼に、「しろがね」はオートマータの破壊を目的とした組織とその構成員の名称だ、と話すジョージ。
阿紫花はその人間離れした姿に、異様なものを感じるのだった。

ジョージは阿紫花に、黒賀村にあるからくり人形を使う許可を得、尚且つ戦場まで運んでほしいーと依頼する。
面倒くさいことには関わりたくない、と断る阿紫花に、ではなぜ自ら面倒ごとを起こすのか、とジョージは尋ねる。

彼は見抜いていた。
阿紫花が今の生活に、退屈しているのをー。


その言葉に、阿紫花は考える。
そしてジョージに言うのだった。
「お代はいかほどいただけるんで・・?」



同じ頃ー
各地では、「しろがね」が今日もオートマータと戦っていた。

そこに、ルシールがサハラ砂漠で真夜中のサーカスを見つけた、との伝令が皆に入る。

戦いに喜び勇む者、家族と別れて向かう者ー
皆オートマータとの戦いに思いを馳せ、サハラ砂漠へと向かう。


そして今ー鳴海(なるみ)たちの元に、「しろがね」が集結していた。
砂漠を管轄とするファティマも現れ、いよいよ彼らは真夜中のサーカスへと足を進めるのだった。












「しろがね」集結!!


いよいよサハラ砂漠に、「しろがね」が集まりましたね!

今回新たな「しろがね」が何人か紹介されましたね。
恐らく今回の戦いで中心になって動く、有能な「しろがね」なのでしょう。

本当に各地に散らばっているんですね。
特に気になったのは、ロッケンフィールド。
家族がいる「しろがね」もいるんですね!

「しろがね」であることは秘密だったようで、彼は家族に別れを告げていますが・・。

こういう「しろがね」もいるとなると、アンジェリーナの夫も普通の人間だった可能性もありますね!
ルシールも都度都度恋人がいたようですし、そうやって時によってパートナーを変えて生きてきているものなのかもしれませんね。


一方のジョージと阿紫花。
変わった組み合わせですが、意外とうまくいきそうだと思うのは私だけ?w

今の生活に退屈していた阿紫花。
依頼を引き受けましたね!
久々の「お代はいかほどいただけるんで?」も出ましたし、楽しみになってきました(^^)


っていうか、鳴海が生きててしかも「しろがね」になってること知ったら、きっとびっくりですでしょうね~。




さて、次回からはついに真夜中のサーカスに突入するようですね。
「しろがね」は最古の四人に打ち勝ち、不安シーヌ人形を破壊することができるのでしょうか。

次回も楽しみです☆