前回、ついに終わったシルベストリ戦。
菊を救えた勝は、彼女と分かり合うことができるのでしょうかー?

菊編も、終幕です!

感想です☆





本編~黒賀村の夏第12幕 「一時閉幕」




※以下、ネタバレあり※









◎あらすじ◎

シルベストリが負け、菊(きく)は解放された。
そしてー彼女を解放したコロンビーヌは、勝(まさる)の前に立った。

彼女は勝を見つめ、言った。
勝がシルベストリに言ったように、自分の手も握れるのかー?と。
そして彼女は笑った。
そんなことできるわけない、嘘つきだ、と。

彼女は話す。
自分はオートマータで、人間よりも優れた機能を持っている。
そんな 自分が、勝と手をつなぐわけがない、と。

すると勝も応えた。
彼はフランシーヌ人形のことを話した。
かつて、人間の輪の中に入ったオートマータのことを・・。

そのオートマータは、人間の輪に入り、最後は人間になって消えてしまったーと。

それを聞いたコロンビーヌは、そんな話は聞いたこともない、と笑う。
だが勝は彼女にはっきりと言った。
本当の話だ、と。

ーその目の強さに、コロンビーヌは何も言い返さなかった。
彼女は踵を返すと、一人わらべ歌を歌いながら消えていくのだったー。


ようやく一息つく勝。
ふと彼は、菊が後ろに立っていることに気付く。
慌てて彼女に謝る勝。

危険な目に遭わせて悪かった・・
そう言う彼に、菊は手をあげようとする。
だがそれは、そんなに謝らないでほしい、という気持ちからだった。

彼女は勝の戦いを馬鹿にし、勝手に見に来た自分の身勝手を責める。
そして怖かった・・と涙を見せるのだった。

震えながら、菊は言う。
自分は何も知らなかった・・と。
オートマータのことも、それと戦うためにからくり人形があることも。
知らないことばかりの中で、自分は今まで何をしてきたのだろうかー

するとその震える肩を、勝は支えた。
そして自分も怖かった、だから一緒に叫ぼう、と彼は言った。

そこで2人は、ありったけの声を出して叫んだ。
叫んで叫んでー

そうして、2人はようやく笑い合うのだった。


それから、2人は村へと道を戻った。
今ならまだ夏祭りに間に合うからだ。

そこには平馬(へいま)たちも仲町サーカスの皆もいた。
そして村の人たちも・・。

今まで彼らを馬鹿にしてきた自分が、あの輪の中に入るなんて・・と菊は逡巡する。
だがその手を、勝は引っ張った。
踊ろうーと。

その言葉に、菊はうなづく。
自分はこの輪の中で生きるのだー
彼女は勝と一緒に、輪の中に飛び込むのだった。


翌日、菊は特別クラスの友人たちと再び会っていた。
だが彼女は今日は、彼らの誘いを断りに来たのだった。

皆が驚くなか、彼女は村の子たちと一緒に勉強会をする、と話す。
自分は人と人の作る輪の中で、自分のできることを探したいー
それが進化なのだ、と彼女は言うのだった。



そしてー
勝にはまたいつも通りの夏休みが戻ってきた。
だがそれは長くは続かなかった。

悪いことは、いつも最後にやってくるー
真夜中のサーカスで、コロンビーヌは立ち尽くした。
フェイスレスの横には、見知らぬ少女のオートマータがいた。

フェイスレスは笑う。
それが、最悪の時の幕開けだったー。









菊編、終幕!


今回で菊編も終わりです!
これで勝は、3姉妹を無事陥落させましたねw

菊も人と人の関わりの大事さに気付けて、村の中に溶け込めるようになって良かったですね。
いつのまにか勝によって、阿紫花家の子供たちは村にしっかり馴染んでいましたね。

そういうのも、勝の人柄があってこそ、ですよね。
彼自身も、ようやくここで子供らしい夏休みを過ごせて、本当良かったです。

夏祭りが終わったら、仲町サーカスは四国に興行に行くのですよね。
彼はどうするのでしょうか。

サーカスに戻るのか、まだ特訓を続け、フェイスレスとの約束である2年後までここで過ごすのか・・
3姉妹、恐々としてそうですね(^^;)



さて、今回気になったのはコロンビーヌですね。
勝とシルベストリのやりとりを見て、彼女も何かを感じたようです。

やっぱりコロンビーヌも、寂しいのですかね・・。
今ではサーカスでも皆に馬鹿にされる存在だし、心の支えであったフランシーヌ人形はもういません。
なぜ生きているのか・・そんな空虚に襲われているのかな、と感じました。

シルベストリに挑んだパンタローネたちもそうですよね。
どうにかして生きる意味を見出そうとしてましたが、結果彼には勝てず・・。
それも見ていたコロンビーヌにとって、勝の言葉は引っかかったのだと思います。


もしかしたら、勝たち人間と生きていく道もあるのでしょうか・・。
でも無理かな、彼らがやったことは事実としてある訳だし・・。

誰もがアンジェリーナのように、許せるわけではないですからね。
それにフェイスレスがいたら、そんなことは叶うはずないですよね。。


でも、コロンビーヌの心の闇を見てしまったので、気になりますね・・。
本当にもしかしたら、シルベストリに勝が言ったように、手をつなぐという選択肢もあるのではないでしょうか。

今回の2人のやり取りを見て、そんなことを感じました。



で、そんな彼女が戻った先では、何やら不穏な雰囲気が・・。

あの少女のオートマータ、一体何者でしょうか。
フェイスレスが造ったのでしょうが、あの見た目じゃコロンビーヌとかぶってしまいますよね。

いよいよ最古の四人は、お役ごめんということでしょうか・・。


それに勝のモノローグと、フェイスレスの不敵な笑みも気になります。
2人の戦いは後1年はあるはずなので、何か別のよからぬゲームを企んでいるのでしょうか。

真夜中のサーカスは、頼みの綱のシルベストリもやられましたしね。
方針転換はあり得るかと思います。

黒賀村に一体何が起こるというのでしょうか・・。
気になるけど、怖いですね。






さて、次回は新章ですね!

フェイスレスの企みとは、一体・・?
そして勝は黒賀村に残るのか?

色々気になります・・。

次回も楽しみです☆