いよいよ後2回!
今回は鳴海としろがねの結末・・ということで、感動しっぱなしでした。

原作でもしろがねが笑うシーンは毎回泣いたけど、アニメでも漏れなく泣きました。
2人・・結ばれて本当に良かった!!

感想です☆




アニメからくりサーカス第35話 「抱擁」




※以下、ネタバレあり※





◎あらすじ◎

背中を守った者ー
彼に突然目をやられ、鳴海(なるみ)は驚き焦る。
お前は敵か・・
そう言われ、勝(まさる)はグリュポンに自分の言ったように話すよう、頼むのだった。

俺はお前と同じ「しろがね」。
オートマータのカメラでフラッシュを光らせた。
暫く焼けた網膜は回復しないはずだー

その様子を、管制室では皆が見守っていた。
フーが音を拾えるように調整する。
すると彼らの元に、2人の会話が飛び込んできた。

自分は「えんとつそうじ」という名の男で、ギイに呼ばれてやってきた。
フェイスレスに因縁もある。
だから自分が彼と戦い、ゾナハ病の治し方を聞きだしてくる・ ・
ーお前は地上に残れ。
勝はそう告げるのだった。

それを聞いた鳴海は、目を見開く。
勝は続けた。
自分は長い間戦い続けてきたし、鳴海よりも強い。
また、帰ってくる手段も自分にはある・・と。

だからお前は安心して地上で待っていろー
そう言われて、鳴海は怒鳴る。
ふざけるなー!!

彼は言った。
自分は今まで沢山の不幸を見て来た。
自分に命を譲って死んでいったものも沢山いる。
だから自分一人が生き残る訳にはいかないんだー!!

すると勝も、馬鹿野郎と怒鳴った。
過去は過ぎてしまったから、もうどうにもできない。
だけど、今は何とかできる。
お前には幸せにしてやれる人がいるだろうおー

その言葉を、管制室で皆は固唾を飲んで見守った。
俺が・・幸せにできる奴・・
呆然とする鳴海に、勝は泣きながら伝える。

鳴海の理屈だと、人間は誰一人幸せになれない。
人間が皆昔を背負って生きねばならないなら、この世は幸せになってはいけない人間ばかりじゃないかー!!

大事なのは今なんだ。
お前が幸せにしてやるんだ。お前が幸せになれるように・・。
そうして、勝はにっと笑みを浮かべた。

行け、カトウ。俺が上がるー

そう言って、彼は走って行く。
残された鳴海ははっとして、「えんとつそうじ」を呼ぶが、勝の姿はもうないのだった・・。


一部始終を見ていた管制室では、疑問の声が上がっていた。
あんな子供が行くなんて、無理に決まっている・・。
アメリカ兵たちやミンシアは、口々にそう言う。
だがその時、リーゼが叫んだ。

行かせてあげてください!!

彼女の強い口調に、皆驚き立ち止まる。
リーゼはそのまま続けた。
勝はオートマータを倒す実力もあるし、いい加減なことを言う人ではない。
彼が勝つと言ったら、きっと何か勝算があるのだ、と。

わたしは勝を信じる・・!
彼女はそう言い、ほほ笑むのだった。

それを聞いていたフーもうなづく。
勝はフェイスレスの記憶をダウンロードされたこともある。
ゾナハ病の治し方を聞くには、適任かもしれないー。

そうしてフーは、発射準備の再開を指示するのだった。



その頃ー
アルレッキーノは首だけになったパンタローネの元へとたどり着いていた。
2人は互いが生きているのを確認し、フランシーヌの元へ行こう、と決意するのだった。



一方、ロケットの準備は着々と進んでいた。
勝はぶかぶかの宇宙服を着て、ロケットの方へと進む。
そこにーリーゼが駆け込んできた。

彼女は勝の姿を見るなり、彼に抱き着いた。
そして彼女は言った。
嘘つきーと。

ギイに呼ばれた。帰る方法がある。
皆嘘じゃないか、とリーゼは泣いた。

自分はフーに行かせてあげてほしい、と頼んだ。
勝がしたいことを応援したかったから。
でも・・わたしも嘘つきです・・。
そう言って、くしゃくしゃの笑顔で彼女は泣いた。

行かないで・・。
その言葉に、勝はリーゼの肩を優しく抱く。
ありがとう・・でも行かなきゃ・・。
彼は言った。

それに対し、リーゼは話した。
自分は勝をもっと知りたい。一緒にしたいことも沢山ある、と。
すると勝はうなづいた。
それじゃあ、来週動物園に行こう!
彼の言葉に、リーゼは顔を上げる。

僕も話したいことがあるんだー
帰ってきたら、もっともっと仲良くなろうね。
そこには、いつもの笑顔があった。

嘘つき・・でも、約束ですよ・・。
その笑顔を信じ、リーゼは指を出す。
勝もその指に指を重ね、2人は約束をした。
そうして、2人は別れるのだった・・。



一方ー
ロシアのある町を、しろがねは花嫁姿で逃げていた。
その後ろを、歌を歌いながらハーレクインが追いかける。

しろがねは必死で走りながら、ある店に逃げ込んだ。
気絶している間に、彼女は衣装に着替えさせられていた。
彼女はそれを不甲斐なく感じ、唇を噛む。

また、彼女は体が重いことに気付いていた。
もう体の血が少ないのだ・・。
でも後悔などしないー彼女は思った。
後は、ハーレクインを相討ちでも倒す・・!

そうして立ち上がった彼女は、人形が2体倒れているのに気づいた。
それを綺麗に並べながら、しろがねは鳴海のことを思った。
彼はちゃんと宇宙に行けたかしら・・。
気を付けて。必ずフェイスレスからゾナハ病の治し方を聞きだしてくださいねー

彼女は祈った。
そうしてしろがねは、鳴海と自身の人生に別れを告げるー


一方ハーレクインは、しろがねを探していた。
ふと、彼の耳に赤ん坊の泣き声が聞こえる。
その声の元へと、彼は進むのだった。

するとー教会の中に、赤ん坊と彼を抱いた神父がいた。
人間の血にありつける・・ハーレクインは舌なめずりする。

オートマータに気付いた神父は、ゾナハ病の影響で息も絶え絶えななか、赤ん坊を守ろうとする。
だが彼は無残にも蹴り飛ばされ、赤ん坊はハーレクインの手に渡ってしまった・・。
彼が血を飲もうとしたその時・・しろがねが、2人の元へ飛び込んでくる。

彼女は身を翻し、赤ん坊をハーレクインから奪い取った。
「しろがね」の命ある限り、この赤ん坊は渡さないー!!

その姿に、神父は目を見張り体を起こす。
天使だ・・!!

しかしハーレクインは、ボロボロの姿を見て笑った。
彼は赤ん坊の血で祝杯をあげよう、と2人を雷で攻撃する。
しろがねはそれをよけながら、彼を睨んだ。

私もこの子も、お前のものじゃない。
私は最後まで戦うぞー

・・その言葉に、ハーレクインはしろがねに罰を与えようとする。
それを見ていた神父は、駄目だ・・と落胆した。
天使は傷ついている。もう動けない・・

彼は神に祈った。
どうか、彼女を救いたまえー!!


その時だった。
激しい音と共に、壁が崩れ砂ぼこりが上がった。
皆、一斉に目を見張る。
その先にいたのはー鳴海だった。

神父は息を呑む。
悪魔がもう一人ー!

また、しろがねも驚いて叫ぶ。
鳴海はハーレクインの声のする方に向かった。
・・その女が俺を呼んだ。俺がその女を求めた。
それだけの話だー

そう言う彼を見て、ハーレクインは鳴海の目が見えていないことに気付く。
だからあっというまに黒焦げだー!
彼はそう叫び、指を天にかざす。

その瞬間、鳴海はしろがねにハーレクインの位置を教えるように叫んだ。
しろがねが正確に位置を伝える。
それに合わせて、鳴海は動いたー

だが遅い、とハーレクインが笑う。
しかしその時、突然彼の左角が折れた。
なにーーーー?!
叫びながら、ハーレクインは思い出す・・

パンタローネが、執拗に左角ばかり狙っていたことを!!

・・全く、年寄りの入れ歯に賭けて・・
彼は苦笑した。
そこに、鳴海が気をこめた拳を打ち込むー

ハーレクインは、真っ二つに体を割かれるのだった。



一方ー
射場では、今まさにロケットが打ちあげられようとしていた。
皆が見守るなか、ついにロケットは打ちあがるー


ーハーレクインは倒れた。
しろがねは赤ん坊を、そっと降ろす。
すると鳴海が、しろがねを探し名を呼んだ。

どこだ、しろがねーーーー!!!
その声に、しろがねは気力を振り絞って立ち上がる。
そして、彼女も叫んだ。
鳴海、私はここにいますー!!

その声に、鳴海は動き、彼女を抱きしめた。
宇宙には・・別の強い奴が行った・・。
彼はそう言い、真っすぐにしろがねを見つめる。

俺はお前に会うためにここに来たんだ。
サーカスのテントで初めて会ったときからずっと・・お前を愛していた・・。

そうしてー2人は唇を交わす。
ロケットの光を背にー



その光を、なんとか助かった仲町(なかまち)親子も見ていた。
彼らはロケットが無事上がったことを確信し、空に向かって叫ぶ。
行け、行ってくれーーー!!

鳴海もまた、行け、えんとつそうじ・・と呟いた。
そういう名前なんだとさ・・。
そう言い、鳴海としろがねは、空を見つめるー


だが・・その打ちあがったロケットを狙う者がいた。
ピンボール・K-彼は一人離れたところで、この瞬間を待っていたのだ。

しかしそこに、阿紫花(あしはな)が現れる。
彼はこんなこともあるか、と外を見回っていたのだ。

銃を構えた彼は、そのまま激しくピンボール・Kとぶつかり合うー



そうして、ロケットは無事打ちあがっていった。
空を眺めながら、しろがねは鳴海の顔を見つめる。
彼の目は、段々見えるようになってきていた。
お前を見ると、まだ眩しいぜー
彼はそう言って笑う。

その笑顔に、しろがねはこの上ない幸せを感じていた。
なんて素敵なんだろう、自分の心が相手に届くのは。
大好きな人の笑顔を、息の届く近さで見られるのはー。

彼女の中では、2人のフランシーヌがうなづいていた。
そうよ、私もそうだったのー
そうです、私もそうでしたー

気づくと、彼女の瞳からは大粒の涙がこぼれていた。
その涙は止まらず、しろがねは戸惑う。
また、彼女の様子に鳴海も慌てた。
その顔は、本気で心配そうだった・・。

それを見たしろがねは、思う。
ああ、私は本当にこの人が好き・・
彼女は笑ったー

大好きー・・


ーその姿を、近くで見ている者がいた。
アルレッキーノとパンタローネ。
アルレッキーノはしろがねの満面の笑みを見て、驚きの声を挙げる。

あれこそ、オートマータの使命であり、悲願だったフランシーヌ様の笑顔・・
フランシーヌ様が、笑っていらっしゃるぞー

そして、彼は膝をついた。
笑みを浮かべ、彼はパンタローネに話す。
お美しいな、フランシーヌ様は・・。
なあ、パンタローネ、見ているかー?

そう言いパンタローネを見やった彼は、驚く。
パンタローネは笑みを浮かべたまま、活動を停止していたのだ。

なんだ、見ているじゃないか・・
アルレッキーノもまた、そう呟くと動きを止めるのだった・・。




ーロケットは、もう見えなくなった。
阿紫花は空を眺めながら、油断したな・・と倒れたピンボール・Kを見ながら笑う。
彼の銃には、フー特製のオートマータ用弾がこめられていたのだ。

彼は煙草を吸いながら、銃を置いた。
そうして、10円で仕事を引き受けたときのことを思い出す。

あの軽井沢の事件で、彼は鳴海に10円で雇われたのだ。
勝を守るように・・と。

なんで、あんなことを言っちまったんだか・・。
彼は勝の強い瞳を思い出す。
その口から、煙草が落ちるー

お代は・・いかほど頂けるんでー

そう呟く阿紫花の半身は、ピンボール・Kの弾を受けて血まみれだった。
彼はそのままー絶命するのだった。



宇宙。
勝とグリュポンはフェイスレスのいる衛星にたどり着き、中に入る。
すると中は酸素が満たされており、また中央に井戸型の入り口があった。
勝とグリュポンは顔を見合わせ、宇宙服を脱いで井戸の中へと飛びこむー

そこで、彼は目を見張った。
降りた先には、プラハの町が広がっていたのだ。

更に、その町には大勢のフランシーヌの姿をした人形がいた。
そしてーその中央に、フェイスレスはいた。

彼は前の体を捨て、白金の姿に変化していた。
人間の姿で地球の人類が滅びるのを見ながら、普通に年を取って死ぬつもりだー
彼は勝にそう話した。

自分は気まぐれで飽きっぽい。
エレオノールが手に入らなかった今、僕は自分にも飽きてしまったんだー
退屈そうに、フェイスレスは言った。

それなら・・もういいでしょ?
勝は息を呑み、人類を助けてくれ、と口にした。
そうしてー彼は膝をつき、フェイスレスに頭を下げる。

お願いです、ゾナハ病を治す方法を教えてくださいー!!
勝はそう、懇願するのだった・・。




















200年の悲願が叶うとき。


今回は盛り沢山でしたね。
最終回手前にして、すでに最終回でもおかしくない程のボリュームでした。

もう名シーンの連続で、泣けて泣けて・・。
なんだかんだ、35話も見て来たのですもんね。感無量ですよ。


では、見て行きます!



まずは勝の決断から。

えんとつそうじ・・使ったんですね。
ここは原作を読まないと分からないと思うけど、でも勝を表す良い単語だと思います・・。

彼が宇宙に行くという決断は、最初見たときは唸らされたものです。
そう来るかー!!って。

同時に不憫でしたねぇ・・。
小学生なのに、こんな決断をしなければならないなんて、と。

大人2人の恋愛のために身を引くって・・普通に考えちゃうとあり得ないですよね。
でも勝だと、なんかありかもな・・と思わされちゃうのはすごいと思います。

ただ、やっぱり可哀想な気はしましたねぇ・・。

おまけに宇宙に行ったら、フェイスレスと1対1で戦う訳ですからね。
なかなか出来る決断ではありませんよ。

でも2人の為に身を引けて、笑顔で見送れる勝の男気に賭けたいとも感じました。
あの笑顔を見たら、彼ならやってくれる・・と思えますよね。


行け、カトウ。俺が上がる。
ラストに向けて、文句なしの名シーンだと思いました。




そして、その後のリーゼとのシーンもすごく感動しました。

リーゼは後半出番が多かったので、ちゃんとヒロインになれていて良かったです。
前半は少し不安だったので・・w


彼女も辛い立場ですよね。
好きな人を応援したいけど、応援したら彼とはもう2度と会えないのです。

しろがねも同じ体験をしましたが、年齢的にはリーゼも勝もまだ子供だからなぁ。。
それなのにこんな展開・・不憫すぎますよね。


でも来ないと分かっていてもする未来の約束っていうのも、なんか良いですよね。
2人の笑顔での指切りに、じーんと来ました。

動物園、行けるといいのになぁ・・。
ここで永遠の別れなんて苦しいですね。
勝が戻ってこられるよう、祈りたいと思います。。




さて、次はハーレクイン戦。
彼の一人オンステージ、鳥肌が立つほどキモくて良かったですw

声優さん、気合入ってますねーw


ここはしろがねが花嫁姿なのが、また場を盛り上げていいですよね。
でもアニメだと、アンギルではなく、天使って言ったほうが親切だった気はする・・w


対する鳴海は、本気で悪魔でしたね。
あんなのが飛び込んできたら、絶望しますよw

そこからの、ハーレクインを倒すまでの流れは怒涛で、見事。
鳴海としろがねが力を合わせるのも泣けるし、パンタローネがちゃんと報いていたことが分かったのも泣けました。

また、ハーレクインの最期の笑みが、ラスボス感強くて良かったです。
あの状況で笑えるって、なかなかないですよね。

ハーレクインとにかくキモかったけど、立派に役を務めてくれたと思います。
お疲れ様でした。




さて・・そしてここからが、今回の最大の見どころですね!!


ついに皆の悲願が叶いました!
鳴海としろがねが、結ばれたのです!!


どれだけの人が、この結末を望んできたか・・。
「しろがね」の過去を思うと、感無量ですね。

長かったけど、この結末が見られて本当に満足です。

しろがねの笑顔も、もう泣けてきて溜まりませんね。

フランシーヌもフランシーヌ人形も、人を愛する経験をしてきました。
そしてその時、彼女たちも笑っていました。

その輪がー今、しろがねをも繋いだのです。

人を愛するからこそ、本当の笑みが生まれるー
それがよく分かる展開でしたね。

フランシーヌたちは残念ながら幸せにはなれなかったけど、しろがねにはまだこれからの未来があります。
どうか皆の分も、2人が幸せになれますように・・。

そう願わずにはいられませんね。




そして、ここでパンタローネとアルレッキーノの最期もありました。
ここはやっぱり感動しますね。
最古の四人の悲願だった笑顔が、ようやく見られた瞬間ですからね。

アルレッキーノの、なんと嬉しそうな顔。
そして・・作画気合い入りすぎですよwパンタローネの最期の笑みも、素晴らしかったです!!

コロンビーヌは残念ながらその笑顔を見ることはできなかったけど、きっと天幕の向こうで語り合っていることでしょうね。

ついに最古の四人も全員動きを止める時ですね・・。
彼らには思い入れもかなり強いので悲しいですが、彼らももう休んでいい時期ということでしょう。

本当に、お疲れ様でした・・。





続いては、阿紫花戦。

正直ヴィルマが死んだ時点で彼も死ぬだろうとは思っていましたが、最期までかっこいい死にざまでしたね。

殺し屋らしく、銃の撃ち合いが最後となりました・・うん、かっこよかったです。

彼はたった10円で、鳴海からの依頼をずっと引き受けていたのですね。
きっと鳴海に頼まれたから・・というより、勝のあの瞳に魅入られたのでしょうね。

その瞳に報いる、立派な戦いだったと思います。
彼も最初から出て来たキャラなので、退場は寂しいですね・・。

でもきっとヴィルマと楽しく煙草をふかしていることでしょう。
出番は少なくても、印象に残る最高のキャラでした。
ありがとうございます。


それにしても、バンバン人が死んでいくので、仲町親子は生きていて本当に良かった!!
よくあの状況で生き残ったなー、なんて野暮な突っ込みはなしでw

ただ彼らとリーゼが生き残ったことを考えると、ヴィルマが抜けてしまったことが余計に辛く感じられますね。
でも彼女はああなった方が幸せだったのかな・・。
こればっかりは分かりませんね。。






最後に、フェイスレスについて。

やっぱり最後に立ちはだかるのは、彼ですね。
勝は彼が白金に変化したこと知らなかったんですもんね。
プラハの町に、大量のフランシーヌに、若返ったフェイスレス・・
そりゃ驚いたでしょうね(^^;)

まさにフェイスレスの最後の楽園・・といった感じでしょうか。。

彼も本当に、最後までこのキャラを貫きましたね。
やることは壮大なのに、その動機は女性への思いが原因・・
こんなキャラ、他にはいないでしょうね。。


そんなフェイスレスに、勝は土下座。
そうなんですよね、彼の目的はゾナハ病の治し方を聞きだすことであって、フェイスレスを倒すことではないんですよね。

これ、すっごく難しいことですよね・・。


フェイスレスに良心でも芽生えない限り、聞き出すのは困難だと思います。
鳴海はどうする気だったんだろう・・無理やり吐かせるつもりだったのかな?

そう思うと適任なのは勝の方だったかな、と思うのですが、それでもこれはかなりの試練ですよ。。
果たしてフェイスレスから、聞き出すことはできるのかー?

後1話ですが、まだ気が抜けませんね。







ということで、次回はいよいよ最終回ですね!
3クールも見てきたので、終わるのは本当ぽっかり穴が開くような気分ですね。。

次回は勝とフェイスレスの最後の一大ショーですね!
「月虹」のEDと共に、カーテンコールをやってくれないかなぁと期待しております。


泣いても笑っても、いよいよラスト!
最後までしっかりと見て行きたいと思います。

次回も楽しみです☆






今回はこの辺~。