てぃあら★ぶる

小学生のこども3人の親。 自分の好きな作品をただレビューしていきますw ※現在仕事が忙しく、更新が緩くなっていますm(__)m

2020年10月

前回、ホークアイとマルコーによって語られたイシュヴァ―ルの内乱。
スカーはその話の中で、兄のことを思い出します。

分かり合おうとした人たちがいた。
しかしその裏でブラッドレイは、イシュヴァ―ル人の大粛清を始めますー。

あの日、イシュヴァ―ルで何が起きたのでしょうかー?!
感想です☆




第59話~ 「背徳の錬金術師」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

今回から、15巻です!

前回、イシュヴァ―ルの内乱の罪を悔やんだマルコー。
そんな彼に、スカーは全ての真実を話せーと迫ります。

一方、エドはホークアイの家へ。
ホークアイに隠された過去・・
それもまた、イシュヴァ―ルの内乱に関係のあるものなのでしょうか?!

感想です☆




第58話~ 「破滅の足音」





※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、ブラッドレイの元へ連れて行かれたエドたち。
彼らはそこでウインリィを人質に取られ、軍に従うよう強制されますー。

一方、廃工場を引き続き調べるスカー。
彼はそこで、捕らえられているマルコーと出会います。

この出会いが、イシュヴァ―ルの真実を明かすことにつながるのでしょうかー?!

感想です☆




第57話~ 「イシュヴァ―ルの傷」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、ホムンクルスたちと戦いになるエドたち。
イシュヴァ―ルの内乱の真実を知ったスカーは、彼らと共闘します。

そんな中、グリードと戦ったエドは、彼の中にリンがまだ残っていることを察します。
これは、ホムンクルスを倒す上での光明となるのでしょうかー?

感想です☆




第56話~ 「円卓の獅子」





※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、お父様の前に錬金術も使えず、なす術なく床に伏したエドたち。
そんな彼らの前で、お父様はリンを使い新たなグリードを作ろうとします。

不老不死の法を手に入れるため、それを承諾したリン。
彼の身体は賢者の石を受け入れ、グリードへと変化しますー。

もはやリンは、消えてしまったのでしょうか?!

感想です☆




第55話~ 「二人の強欲」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

今回から、14巻です!

前回、グラトニーの腹の中から無事に脱出したエド。
そんな彼の前に現れたのは、父親ホーエンハイムでした。

ホムンクルスを作った「お父様」は、ホーエンハイムだったのか?!
彼の正体はいかにー?!

感想です☆





第54話~ 「愚者の足掻き」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、ブラッドレイによって部下たちを人質に取られたマスタング。
軍の上層部をひっくり返そうという彼の野心は、ここで潰えてしまうのでしょうかー。

一方、お父様の元へ向かうアルとグラトニー。
そしてグラトニーの腹の中で戦うエド、リン、エンヴィー。
更にシャオメイを取り戻すため、アルたちの後を追うメイとスカー。

数奇な運命に導かれる彼らの前に、ついにホムンクルスの生みの親が姿を現わしますー!!

感想です☆




第53話~ 「魂の道標」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、グラトニーの腹に呑み込まれたエド、リン、そしてエンヴィー。
彼らはエンヴィーによって、ここが疑似真理の扉だと知ります。

一方、残されたアルとグラトニー。
アルは兄とリンを救うため、ホムンクルスの父親の元へ向かうことを決意します!

いよいよホムンクルスの核心に迫るのかー?!

感想です☆





第52話~ 「魔窟の王」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、グラトニーとエンヴィーと戦ったエドたち。
戦いの中で、エドとリンはグラトニーの腹の中に呑まれてしまいますー!!

一方、軍の上層部に切り込んだマスタング。
しかしホムンクルスの手は、彼の予想以上に軍に入り込んでいました・・。

追い詰められた人間たちに、勝機の芽はまだ残っているのでしょうかー?!

感想です☆




第51話~ 「闇の扉」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

今回から、13巻です!

前回、ラストの仇であるマスタングを殺すために、化け物の姿に変異したグラトニー。
怪我を負ったマスタングとランファンを逃がし、エド、アル、そしてリンはグラトニーに向かいます。

しかしそこにやってきたのは、もう1人のホムンクルス、エンヴィー。
因縁の敵同士ー戦いはどうなってしまうのでしょうか?!

感想です☆





第50話~ 「腹の中」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

↑このページのトップヘ