前回、事件の匂いを嗅ぎつけたネウロ。

彼らが訪れたレストランでは、今まさに事件が起きようとしていたのでした・・。

今回の謎は、どんな味を魅せてくれるのでしょうかー。

感想です☆




脳髄の空腹~第5話 「食【あじ】」




※以下、ネタバレあり※











◎あらすじ◎

オーナーシェフの薦めで、一行はバックヤードに案内されることとなった。
笹塚(ささづか)が弥子(やこ)たちも同行させてくれる。
 
気が進まない弥子だが、ネウロは謎の気配は消えていないと呟く。
事件は必ず起きる。いや、もう起きているかもしれないぞ・・。
彼は楽しそうに、そう笑うのだった。


バックヤードで出迎えてくれたのは、オーナーシェフの至郎田(しろた)だった。
厨房は広く、部屋がいくつか分かれていた。
石垣(いしがき)が感嘆すると、至郎田は笑みを浮かべる。

ここでは、メインディッシュは選ばれた者しか作れない。
彼とチーフには、特別に部屋が設けられているのだ、と至郎田は説明する。

それから彼は、奥で調理をしている男性を紹介した。
彼は至郎田の右腕で、チーフシェフの海野(うんの)だそうだ。

一通り説明すると、至郎田は自分のキッチンで話をしようと提案した。
そこで笹塚たちは早速、脅迫状の件について切り出す。

警察が受けたのは、店の営業をやめないと天罰が下るだろう・・という趣旨のものだった。
至郎田はいたずらだと思っていたが、今朝来た手紙を見て通報を決意したと話す。
そこで新たな手紙を受け取った笹塚たちは、その内容に目を見張った。

ー評判をいいことに思い上がったこの店は許さない。
警告を無視したので、天罰を下す・・!-

手紙には、そう書かれていた。
至郎田は、店は恨みを買うようなことは一切していないと訴える。
だが逆恨みだとしても、万が一のことが起きれば、この店の信用に関わる・・

そう言われた刑事たちは、警察の巡回を約束する。
だがその時、厨房の方で大きな音がした。
続いて起きた悲鳴に、ネウロの顔に期待があふれる。

シェフの一人がやってきて、海野に異変があったことを告げた。
急いで皆が向かう中、弥子はまさか・・と息を呑む。
だがネウロは、そのまさかだーと笑う。

厨房では、海野が鍋に顔を突っ込んで倒れていた。
ー謎が茹で上がったようだ。
そう言いながら、ネウロは現場を見つめる。
問題は、これの調理がいつ始まったか、だ・・。


警察の調査の結果、被害者はチーフシェフの海野で、病院に運ばれたが即死だったことが伝えられた。
死因は背後からの撲殺で、相当な力で一撃されたようだという。

それを聞いた至郎田は、頭を抱えた。
笹塚は、今のところ犯人と思われるのは脅迫状の出し主だろう、と話す。

従業員の証言によれば、事件前の約5分間は誰も海野の個人厨房には入っていなかった。
後ろの通用口が開いていたので、恐らく犯人はそこから侵入し逃げたのだろう・・
石垣がそう推測する。

至郎田はうなだれ、顔を上げなかった。
必ず犯人を捕まえてください・・。
彼はそう懇願する。

その時、ネウロが彼の前に進み出た。
自分も残念だ・・
彼は至郎田が後で紹介すると言ったので、生きている海野とも話せると期待していたのに、と息をつく。

その失礼な態度に、至郎田は2人が誰なのかを尋ねる。
ネウロは探偵だと紹介し、笹塚も捜査協力者だと付け足した。

そんな中笹塚は、違和感を感じていた。
彼は大した事件じゃないと思ったから、2人の同行を許可した。
だが実際は、凄惨な事件が起こった・・

まるで彼らはこの殺人を予期していたようだー
彼はそう感じる・・。

その間も、ネウロは捜査を続けていた。
彼が楽しそうなのを見て、弥子は勝手にやってくれ、と呆れる。

と、その時彼女は、出来上がったばかりの料理に気が付く。
その料理は、成功を呼ぶ料理と言われるものの代表メニューだった。
初めて目にした弥子は、思わず見惚れてしまう。

するとその様子に気付いた至郎田が、彼女に近づく。
弥子は未練がましく、そのメニューを見つめ続けている。
そこで、彼は弥子に食べてもいい、と声をかけた。

客は帰ってしまったし、どうせ捨てる料理だ・・
そう言われた弥子は大喜びで、料理を口に運ぶ。
彼女はその料理を味わい・・そして、言った。

おいしい・・けど、料理じゃない。
何かこれ、食べるってことに対して失礼な気がする・・。

その言葉に、場の空気が凍った。
至郎田は目を剥き、弥子を無礼だと罵る。

思わず出た言葉に弥子は謝るが、至郎田の怒りは鎮まらない。
彼は自分の厨房で新たな料理を研究すると言い、誰も入らないように言いつけて出ていってしまうのだった。


至郎田を怒らせたことで、2人は店の外に出された。
反省する弥子だが、ネウロは彼女になぜあんなことを言ったのか、と問う。

そこで弥子は、本当に違ったのだ、と訴えた。
自分は食べ物が大好きだ。それは食べると幸せになれるからだ。
だがあの料理は、幸せになれなかった。
たとえ噂通り成功が訪れても、それは幸せとは違う気がしたのだ・・。

彼女はそう、自分の気持ちを話した。
それを聞いていたネウロは、魔界の料理について彼女に聞かせた。

魔界にも、様々な料理はあった。
だが成功を呼ぶ料理などというものは、魔界にも存在しなかった・・。

彼はそう言うと、トリックの見当はついたと話した。
後は料理の正体だ・・
彼は魔界777ッ能力を取り出すー

断面への投擲ー!!

彼は槍で、料理を切断する。
だがそれは物質を切断するものではなく、刃先から探知波を投げかけて原材料を解析する道具だった。
ネウロはそのリストを、読み上げる。

鴨肉、チコリ、アスパラガス・・
次々に食材の名前が出てくる。
だがそれは次第に、物騒なものの名前に変わった・・

ーコカイン、ヘロイン、覚せい剤、モルヒネ、ステロイド・・

それを聞いた弥子は、息を呑む。
そこには、ドラッグと筋肉増強剤の名がずらっと並んでいた。
これを平らげた人間がどうなるかなど、容易に想像がつく・・
ネウロは笑う。

これが、成功を呼ぶ料理の正体だー

彼は能力をしまうと、背広を着た。
槍が切断した中には、壁と料理の他に、もう1種類物質があった。
それを確認したネウロは、至郎太が離れたところから謎を作ったトリックの正体に確信を得る。

奴の厨房へ行くぞ。
この謎は、今から我が輩の舌の上だー


その頃、至郎田は自分の厨房で、何かを煮ていた。
彼はその料理を眺め、満足そうに笑う。

もうすぐだ。
もうすぐ俺の究極の料理の最高傑作が誕生する・・




















成功を呼ぶ料理のからくり。

今回は事件が起こり、容疑者にオーナーシェフの至郎田が浮かび上がる回でした。

前回海野が殺されたのは知っていたから驚きはなかったけど、あのトリックは解けませんでした・・。

たぶん何かで体を固定しておいて、それが切れて鍋に突っ込んだのだろうけど、それが何かと言われると・・。
湯気がやたら出ていたのが気になりましたが、あれは海野が死んでいることを分からせないためだろうし、何を使ったのでしょうね。

ここは大人しく、次回のネウロの推理を待ちたいと思います。


恐らくああした理由は、アリバイ作りのためですよね。
ただ店から出る時間はなかっただろうから、あの海野を殴ったこん棒は店に残っているはず・・!

それが推理の決め手となりそうですね。
ネウロの鮮やかな追い込みが楽しみです!!



それにしても、至郎田、何とも言えない不気味な容姿だな~と感じました。
美形なんだろうけど、全然それを感じさせないところがすごいw

不気味さが美貌を押しちゃったのでしょうね・・。
明らかに不審な感じが漂ってましたw

ものすごくプライドが高そうな感じもします。
海野は彼のやり方を批判したようだから、怒りで殺したのでしょうね。

店の人間の様子を見ていると、皆彼の本性は知っている様子・・。
何を作っているのかも、知ってるのかな。それはチーフシェフだけが知るところなのかな。

前回予想した薬物は合っていたけど、料理には筋肉増強剤も含まれていましたね。
考えてみればスポーツ選手も御用達なんですもんね。
検査したら分かっちゃうけど、毎回検査があるわけじゃないから需要があったのでしょうね。


でもそれを究極の料理というのは違和感・・。
味や食材のアレンジを追求しない料理が、果たして究極の料理と言えるのでしょうか・・。

その辺、至郎田の考えは私には理解できませんね。
弥子も理解できないから、見抜いてしまったのでしょう。

ネウロはあくまで謎を解くだけなので、その辺を諭すのは弥子の役目でしょうか。
2人のバランス、良いですね。
今回の事件は弥子の性質を見せるのに、分かりやすい話だな~と感じました。

ネウロも弥子の話をちゃんと聞いていたし、少しずつ関係性が変わっていく予感がしますね。
謎を追うにつれ、どうなっていくのか楽しみです(^^)




で、次回は謎解き編ですね。
まぁ殺人のことがなくても、明らかに違法な料理なので捕まるのは必至ですね。
スーパーシェフもここまでか・・。

ただラストのカットが、ちょっと不気味ですね。
ついに究極の料理を完成させたようなので、あっさりお縄につくのか・・。

何か抵抗を見せる予感もします。
皆無事のまま、事件が終わるといいのですが・・。


後は笹塚が何か勘づいてきてるので、それがどう作用するかー。
彼のキャラは好きなので、協力者になってくれるといいなぁと思います。

どんなラストとなるのか、待ち遠しいです!!







というわけで、次回はネウロが謎を解く回ですね。

至郎太の目論見はすでに明らかとなり、その謎もネウロの舌の上・・
2人は彼の企みを、無事に阻止することができるのでしょうか!!

毎回のインパクトある犯人の絵も、期待しちゃいますね~。
次回も楽しみです☆