今回から、6巻です!

前回1つの事件を乗り越え、新たな事務所体制を築いた弥子たち。

そんな彼らの前に、再び事件の予感です。
今度こそ、ネウロは良質な謎にありつけるのかー?!

感想です☆





髪とハサミとキリトリ線~第44話 「髪【ながいともだち】」





※以下、ネタバレあり※











◎あらすじ◎

美容院ー
そこでは1人の女性が、髪を切ってもらうのを楽しみに待っていた。
有名な美容師に切ってもらえるなんて、感激だ・・!
そうはしゃぐ彼女の後ろで、美容師の男はハサミを探す。

そして見つけると、彼は女性の前に立った。
じゃあ切るよー
そう言って、美容師は女性の首を切り飛ばす。

血しぶきが舞う中、美容師は言った。
それで本日は、どんな感じで・・?


探偵事務所ー
そこではあかねが弥子(やこ)たちに紅茶を振る舞っていた。

彼女は魔界の瘴気で復活してから、どんどんできることが増えてきていた。
ネウロに秘書として見込まれた彼女は、今ではスケジュール管理やメールの対応までそつなくこなしてくれていた。

すごく頭が良くて、性格は優しくてキュート。
弥子は彼女の髪の毛をブラッシングしながら、改めて思った。
あかねは今や、この事務所に欠かせないスーパーガールだ。

おまけに彼女の髪はツヤツヤだ。
弥子は癖っ毛なので、心底あかねが羨ましかった。

その時、テレビからニュースが流れ込んできた。
そのニュースはとある公園で女性の変死体が発見され、遺体の頭部には手が加えられていたと報じた。
最近連続して起きている事件と、特徴が酷似しているー
それを聞いた弥子は、眉をしかめる。

噛み切り美容師ーこれで3件目だ。

その事件は、若者が集まる都心で起きていた。
いずれの事件も髪の毛の綺麗な女性が狙われたため、犯人には「噛み切り美容師」というあだ名がついた。

切り離された女性の遺体に、殺した後にセットされたであろう血まみれの髪・・
その猟奇的な手口が、世間で恐怖を呼んでいるのだー

ひどい事件だ・・。
弥子がそう呟くと、突然彼女は手に痛みを感じて目をやった。

そこでは、怒り狂って手の肉に髪の毛を喰い込ませるあかねの姿があった。
どうやら髪の毛の綺麗な女性が狙われたというのが許せないらしい。
彼女は弥子に、警察に行きたいと必死に訴える。

だがー謎を求めるはずのネウロは、今回はなぜか動く気がないようだった。
あかねの様子を見てもぼーっとしている彼を見た弥子は、異変を感じて訳を尋ねる。

するとネウロは答えた。
ニュースだけでは謎があるか分からないこと。
また最近は望月(もちづき)の会社のおかげで謎を多く喰えるようになってきたので、今までほど謎を必死に探す必要がないことー

だから謎があるか分からない事件には、自分は手を出さない。
調べたければ貴様らで探すがいいー
彼はそう、2人に言い渡すのだった。

それを聞いた弥子はどうしようかと迷うが、あかねの荒れ具合はひどかった。
しかしあかねは外での活動には時間制限がある。
第一ネウロがいなくては、2人には何もできないのだー。

弥子はそうなだめると、話を逸らそうとする。
彼女はあかねのためにスタイリング剤を買いに行きながら、ネウロが謎に食いつかないのは珍しいな、と考えた。
あかねのたまのわがままだって、聞いてあげたかったのだが・・
そう思いながら事務所に弥子は戻るー

すると、あかねはグレて、金髪になってしまっていた。
驚いた弥子は慌てて取り成そうとするが、ネウロがそれは髪留めのせいだ、と彼女に言った。

そこで見てみると、あかねの髪の毛にはネウロの髪についたものと同じ髪留めが止まっていた。
それはネウロの力を込めた、魔界電池なのだという。
これをつけていれば外での活動時間も飛躍的に増えるし、髪の長さも色も自在に変えられるのだ。

つまり、これで2人で捜査ができるというわけだー。
だが弥子は、どうやって犯人を探したらいいのだ、と考え込む。
そんな彼女に、ネウロは話した。

囮捜査をすればいいーと。

そう言うと、彼は弥子の頭に手を伸ばした。
犯人は綺麗な髪の毛の持ち主だけを狙うのだろう?
だったら立派な髪の毛があればいいのだー

その途端、弥子の髪の毛にあかねが融合し、弥子の髪の毛は一気にツヤツヤのロングヘアになった。
これで2人は1つ、知恵を絞って犯人をおびき出すがいいー
・・もし謎があったらその時は出ていってやるから、とネウロは不敵に笑う。

そうして彼は満足そうに、弥子の姿を眺めた。
我が輩は実に優しい主人だな。奴隷のためにここまで手を尽くし、プレゼントまでしてやるのだからー。

彼はそう言うが、弥子は自分には一度もプレゼントなんてしてくれないのに・・と内心面白くなかった。
彼女は不思議そうな顔をするネウロを置いて、あかねと共に調査に繰り出すのだった。

・・その姿を、ネウロは目で追っていた。
ふと彼はくしゃみをするー
そして、ネウロは体内から出て来たものを見て、目を細めた。

それは早坂(はやさか)に撃たれたときの、銃弾だった。
気づけば彼の体からは銃弾が次々と零れ落ち、シャツを血で染めていた。
忘れてた・・随分もらっていたな。

ネウロはその銃弾を1つ、机に飛ばす。
するとその銃弾は彼の魔力を受けて、花を咲かせ始める。
それを見ながら、ネウロは薄く笑うのだった。

おやおや、随分と優しい体になったものだ・・




















あかねと弥子の事件簿。

今回は新たな事件が始まる回でした。

6巻のメインは、あかねちゃんでしょうか!
少しずつキャラにスポットライトが当たっていくので、毎回楽しいですね。


今回の犯人は、有名な美容師のようですね。
見た目がカマキリだったのは、鎌で女性の首を刈るイメージだからかな?

至郎田のとき同様犯人の割り出しは早く進みそうですが、どうやってネウロの助けなしに証拠を集めるかが焦点となりそうですね。

弥子の内面を見る力と、あかねの頭脳を合わせて挑むことになるのかな?
残忍な犯行で女性の命を奪う非道な犯人を、何としても捕まえてほしいものです!!


で、犯人の動機は・・やっぱり髪フェチとかそういうのなんでしょうかね?
それとも髪を粗末に扱う女性が許せないパターンかな。

どっちにしても、クズであるのは変わりないので、是非最終的にはネウロのお仕置きを受けてほしいものですね。
謎はきっとあるでしょうから、ネウロも助けてくれる・・はず。


ただ前回心配したように、やっぱり銃撃を受けたダメージは残っていましたね。
望月の会社を傘下に入れたことで謎は食えるようになったみたいだけど、腹を満たすような謎はないのでしょうね。

そこはやっぱり、Xか春川頼みになるのかな。
早く魔力みなぎる、いつものネウロに戻ってほしいものですね。


そして今後もこういう事態が予想されるので、弥子は能力をアップデートしていく時ですね。
まだ彼女はネウロの衰弱には気付いていませんが、手遅れになる前に彼女の力だけでも謎を突き詰めていけるようになってほしいものです。

あかねも外に出られるようになったので、十分戦力となりそうですね。
布陣が固まってきたし、ここからは事務所のメンバーが連携して謎に向かっていく展開となるのではないでしょうか。

弥子も真剣に、今後について考えないといけない時期が来たのだと思います。
彼女がどんな選択をするのか、楽しみですね。




さて、後はあかねちゃんについて。

今回噛み切り美容師に激しい怒りを抱いたのは、自分が髪の毛だけだから?
それとも彼女が壁に埋められることになった事件に、何か関係があるのでしょうか。

扱い方からして同一犯の犯行ではなさそうですが、あかねちゃんに何か感じさせた事件であることは間違いないと思います。

今回あかねちゃんの過去が明かされるのか、それとも彼女の内面が弥子によって明かされるのかー

まだ分かりませんが、私はどこか可愛い彼女が大好きです。
どうか辛い思いはしてほしくないなー・・
そう思います。


ロングヘアの弥子も新鮮でかわいいし、事件はおぞましいものですが非常に展開が期待させられるものに今回もなりそうですね。

犯人の男は、一体どんな人物なのかー
注視していきたいと思います!










さて、次回は弥子たちが犯人と出会う回でしょうか。

恐らく技術は一流だから、女性たちは騙されて殺されてしまっているはず・・。
だとすればカリスマ美容師を辿れば、怪しい人物が浮かび上がるのではないでしょうか。

弥子とあかねちゃんは、2人で犯人を捕まえることができるのかー?

次回も楽しみです☆