前回、笛吹の協力により春川の資料をあたった弥子。
彼女はついに、一片の手がかりにたどり着きますー!!

彼女が見つけた鍵とは一体・・?!
そしてそこに隠された春川の真の目的とは一体何なのでしょうか。

感想です☆




1と0の狭間~第86話 「費【しょくひ】」




※以下、ネタバレあり※










◎あらすじ◎

弥子(やこ)は笛吹(うすい)のおごりで27万円ほど出前を食べて、姿を消した・・。
笛吹は若干後悔しながらも、彼女の置手紙を見つけ、息をつく・・。
探偵め、食費分の何かは掴んだのかー?

ー弥子は、港で原子力空母を眺めていた。
あらゆる攻撃を受け付けない無敵の要塞、スパコンを差し出せという理不尽な要求、そして生きることー

彼女の中では、それらは今や1つの線につながっていた。
だが、まだ何か足りない・・。
パスワードにつながる決定的な言葉を探し出すには、まだ足りないのだー。

そこで彼女はバスの来る時間になったことに気付いた。
行かないとー!!
そう呟き、弥子はバスに乗り込むのだった。


首相官邸では、今日も会議が続けられていた。
スパコンを素直に渡してしまっている現状に憤る政治家もいるが、彼らは一度HAL(ハル)とやり合おうとパソコンに向かうと、たちまち洗脳されてしまう・・。
このどうにもならない現状に、皆頭を抱えるばかりなのだった。

ーそんな中、弥子は目的地でバスを降りると、山道を上がった。
自分にはネウロのような頭脳も能力もない。
自分が謎を解くには、一歩一歩進むしかないんだー
そうして、彼女はある病院へとたどり着く・・。

期限最終日ー
弥子は少しずつ、答えに近づいていたー


その前日、弥子は警察で手に入れた春川(はるかわ)の資料を眺めながら、カフェで悩んでいた。
この書類の中に答えはあるはずなのだが、絞り切れない・・。
そこを突き止めなければ、HALの動機は大きく変わってしまうのだー。

その時、彼女は偶然叶絵(かなえ)に会った。
彼女は学校が休校なのを良いことに、デートに向かう途中なのだという。
そこで弥子はラッキーとばかりに、彼女にカフェ代をおごってほしいと頭を下げた。
ここ数日動き回ってお腹がへるのを食べて解決していたため、彼女の手持ちはほとんど底を尽いていたのだ・・。

叶絵は弥子の食欲を知っているので、いくらお金があっても足りないだろうーとため息をつく。
生きるためには億か兆必要だろう・・
彼女が何気なく言ったその言葉を聞いた瞬間、弥子の背筋に衝撃が走る。

・・ひょっとして?!

すぐに弥子は資料を見直し、確信に至るー。
彼女は叶絵の制止も聞かずに飛び出し、会計を押し付けたままバスに飛び乗ったのだったー。


そしてー彼女は病院に出向き、答えを手に入れてきた。
3日目の夜ー
探偵事務所で弥子とネウロは向き合った。

ネウロの回復は、通常の2%といったところだ。
一方弥子はパソコンに向かい、最後の確認を行う。

パスワードの中に、スラッシュは既に入力済。
そして入力文字数の上限は、最大21文字・・。
その条件の中でHALの目的となる言葉は、これしかないー

するとネウロが、口を開いた。
彼は回復は完璧ではないが、これ以上HALを泳がせることはできない、と話す。
このまま放置しておけば、空母内のスフィンクスもパワーアップしてしまう。
そうなったら、ネット上からの侵入は100%不可能になってしまうだろう・・。

更に空母自体の武装と防御も、時間が経つほど強固なものとなるだろうー
それらを見据え、ネウロはこれから襲撃に向かう旨を彼女に告げる。
弥子、パスワードは見つかったのかー?

その問いに、彼女はうなづく。
うん、これしか考えられない・・。
その答えに、ネウロは満足そうに微笑む。
よろしいー

彼らはすぐに、空母へと向かうことにした。
弥子の中には、HALと話がしたいという気持ちが膨れ上がっていた。
これだけのことをするにはあまりにくだらなくて、そして否定できない・・。
その犯罪の動機についてー

ー港に出ると、2人の元にヘリがやってきた。
そこから、早坂(はやさか)兄弟が降りてくる・・
弥子はその光景を前に、うなづいた。

私はHALに、会いに行くー


その頃、原子力空母では、HALがピラミッドの完成を喜んでいた。
これで1と0の世界への侵入は、いかなるものも受け付けない。
その頂点で私は、永遠に計算を続けるだろうー

彼は落ち着いた気分で世界を楽しんでいたが、ふと違和感を感じて立ち上がる。
・・だが、やはり君は諦めてはくれないようだ。
HALは侵入者の存在に気付き、それが誰なのかも瞬時に理解する。

いいだろう、決着をつけよう。脳細胞の申し子よー!!
彼はそう叫ぶと、決着の場へと乗り出していくのだった。




















最終決戦へ。


今回は弥子がパスワードを突き止め、ついに原子力空母に乗り込む話でした。

弥子、やりましたね!どうやら期限内にパスワードを突き止めることに成功したようです!!

そのすっきりした表情を見ても、彼女が自信を持ってパスワードを解析したことが伝わってきます。
これでHALの負けが確定したようなものではないでしょうか。
ネウロの魔力があまり回復していないのは引っかかりますが、そのための対策も彼は行っていたようだし、恐らく大丈夫でしょう・・。

ついに最終決戦!勝利は弥子たちの手に!でしょうか。



で、パスワードですが・・
鍵はあの病院にあるのでしょうか。

あそこと春川に、何のつながりがあるのでしょうね。
幼いときは病弱だったとか?それとも誰か家族など、大事な人が入院していたとか?

予想できませんが、きっと彼の人生において大事な分岐点のようなものがあの病院にはあったのでしょう。
弥子がどうやってその答えを導きだしたか、明らかになるときが楽しみですね。
春川の過去・・一体彼に何があったのでしょうか。


そしてどうやら、鍵は億や兆という単位にあるようですね。
数字に関連するということは、1と0の世界という単語と何か繋がりがありそうですね。

そこから弥子は、答えを導きだしたのかな?
スラッシュにも、何か意味があるように思えます・・。

ついに次回、パスワードも明らかとなるのでしょうか。
ああ、楽しみ!
どんな答え合わせが待っているのか、待ちきれないですね!!






さて、後は空母への侵入について少し。

どうやらヘリで乗り込むつもりのようですが、ヘリなんてすぐに見つかって攻撃されないでしょうか・・。
折り込み済の心配だとは思いますが、少し不安です。

洗脳者たちが空母を護っているし、空母自体にも武器は多数あります。
そんなところにヘリ1機で突っ込んでいくのは、若干無理があるのではないでしょうか・・。


まぁネウロの魔界能力を使えばどうにかなるのかもしれませんが、ドキドキしますね。
後は早坂たちに手配させた武器に頼る感じになるのかなー・・。

まずはスフィンクスを破壊しないことには、パスワード入力画面までたどり着けないですからね。
次回はネウロのターンとなるのでしょう。

彼がどうやってHALの鉄壁の守りを壊していくのかー
非常に興味がありますね。
抜きつ抜かれつの攻防にも、決着のつくときです。

どっちの有利に進むのか・・
楽しみですね!!











というわけで、次回は弥子たちが空母に侵入する回ですね。

HALにたどり着くまでには、スフィンクスを破壊し、パスワードを解かなければなりません。
多勢の場に乗り込む2人は、順調にそのミッションをこなすことができるのでしょうか。

またネウロが早坂たちに調達させた武器も、気になります。
HALとの最終決戦、どのような戦いになるのかー


次回も楽しみです☆