前回、ついにパスワードの解にたどり着いた弥子。
ネウロはその言葉を信じ、原子力空母に乗り込む準備を整えました。

いよいよ最終決戦のとき。
勝利はどちらにほほ笑むのでしょうかー?!

感想です☆




1と0の狭間~第87話 「3【さんにん】」




※以下、ネタバレあり※











◎あらすじ◎

ヘリコプターに乗り込むと、ネウロは作戦を話した。
異次元の侵入者に残す魔力を除けば、魔界能力に使える魔力は1回分・・
上手く使って、全てのケリをつけねばー

ーヘリコプターが飛んでいくのを眺めながら、ユキは軍用ヘリを用意してほしいとはな・・と呟いた。
彼らは中古のヘリをネウロに頼まれて、調達してきたのだった。

だが無謀すぎるだろう・・と早坂(はやさか)は話す。
あの程度の兵装で原子力空母を攻撃しても、立ち向かえる訳がないー!!


一方HAL(ハル)も、ヘリの姿を確認していた。
この空母に到達するまで、およそ30秒・・
彼は確信する。
君しかいないな、ネウロー

彼はネウロに敬服を示した。
何度退けても、向かってくる。人間とは比べようもなくタフで知能的。
そして決してあきらめない執念ー!!

だが・・その怪物も、今いなくなる。
HALは笑った。
このスフィンクスは、元々攻撃と迎撃を専門にしたスパコンなのだ。
そんな豆鉄砲では、カスリ傷1つつけられないよー!!

そう呟くと、彼はヘリに向かって攻撃を開始した。
無数のミサイルが、一気にヘリに襲い掛かる。
彼は1%でも自分を滅ぼす可能性のある者は、1%たりとも存在させたはならないのだーと叫び、その手を緩めない。

その光景を見ていたユキは、あそこまでしなくても・・と息をついた。
だが彼は早坂が苦々しい表情でいるのに気づき、どうして笑わないのかと尋ねた。

すると早坂は、ネウロたちはああ見えて無謀ではないーと答えた。
この程度で終わるような奴なら、自分たちは敗北などしなかっただろうー


ーその答え通り、ネウロたちはやられてなどいなかった。
彼らはヘリを囮にし、魔界能力を使い姿を消して、ヘリから発射されたミサイルにぶらさがって忍び込んでいたのだ!!
今までで一番の綱渡りだったかもしれない・・と弥子は恐怖に青ざめる。

無事に空母内に着陸すると、ネウロは真っすぐにスフィンクスの元へ向かうことにした。
そこには、洗脳された船員たちが守りを固めていた。
今は能力で姿を消しているが、この能力は長く保つものではないー
ネウロはそう言うと、すぐにスフィンクスと兵隊たちを始末すると弥子に話した。

そして自分がパスワード入力画面まで侵入したら、後は貴様の出番だー
そう言われて、弥子は息を呑みーうなづく。

ーところで、そのパスワードは我が輩にも解けるものだったか?
ネウロは攻撃の準備をしながら、彼女に訊く。
弥子は首を振り、多分無理だと思うと答えた。
ネウロもそうか・・と静かにうなづく。

そうして、彼は一気に攻撃を仕掛けた。
1台のスパコンを派手に破壊するー
その衝撃に、HALも船員たちも皆一斉に振り返った。

彼はそのまま、どんどんスパコンに手をかけていく。
そうしてバリケードを作ると、彼は異次元の侵入者の能力を使って、弥子に声をかける。
バリケードが破られるまでに、約1分ーそれまでにケリをつけるぞ。

能力のおかげで、すぐにパスワード入力画面は発見できた。
弥子は画面に向かいながら、1回でも失敗したら大変なことになるんだよなぁ・・と呟く。
だが・・彼女には、確信があったー


一方HALは、スフィンクスが破壊されたことに衝撃を受けていた。
一体どうやって潜り込んだんだー?!

そううろたえていると、そこにネウロが現れた。
全てのスフィンクスは始末し、残るはパスワード入力のみとなった。
我が奴隷が、今これを解いている。これさえ破れば、貴様を護るものは謎しかなくなるぞー

そう告げる彼に、HALは笑みを見せた。
残念だがそれは無理だ。君ですら解けないパスワードを、彼女などに・・

その瞬間、2人の間を隔てていた壁が崩れた。
弥子がパスワードを破ったのだ。
HALは驚き、目を見張る。
馬鹿な・・

だがネウロは当然だというように、笑った。
これですべての障害は消え去った。
彼はHALに向かうー

謎を出すがいい、HAL。最後の勝負だー




















パスワード突破ー!!


今回は原子力空母に乗り込んだ弥子たちが、ついにパスワードを解く話でした。

いやー、ゾクゾクしましたね!
パスワードが解かれ、HALの守りが崩れる瞬間ーたまりませんでした!!

HALの驚愕はもっともですが、弥子を舐めすぎ!
人間の潜在的な力を舐めてかかると痛い目に遭う・・
AIである彼には、そこが分からなかったようですね。

それこそが、HALの敗因だったと思います。
ネウロは弥子の可能性を信じて、託しました。
自分の力だけを過信することなく、ちゃんと人間の資質を認めたのです。

そして弥子は、それにきちんと応えたー
これが、ネウロとHALの決定的な差だったと感じます。
2人だから勝てたー
まさにこれこそが、HALには越えられない限界だったのでしょう。


もし彼が春川を生かしていたら、或いはここまで上手くはいかなかったかもしれませんね。
それほどに、人間は可能性を秘めた生き物だと私は思います。

HALにとって、人間は操りやすい生き物であり、成長するなんて思いもしないものだった。
でも人間は予想をはるかに超える成長を見せたー
春川であれば弥子の些細な変化などに気付けたかもしれませんが、画面越しでしか接触できないHALにはそこは予想のつかないところだった。

これはなんとも憎い展開ですね。
HALを押さえたのが、人間の力だったと思うと唸らされます。

最終的に謎を喰うのはネウロですが、そこに至るまでには人間の協力が不可欠だったー
そのことを今回ほど感じた事件はありませんでした。

人間VS.AI-
この戦いは、今回は弥子たちの勝利に終わるでしょう。
それは人間を侮ったHALのミスによるものです。

彼は次回以降で、どうやって弥子がパスワードを破ったかを知り、そして驚くことでしょう。
人間の可能性の高さにー。

弥子がどうやって解答にたどり着いたのかー
それを聞くのは、私も楽しみです。

HALもきっと驚きながらも、興味深く聞くのでしょうね。
その表情を見るのも、また楽しみです。


彼の本当の目的とは何だったのか。
そして弥子が行った病院で、彼女は何を見つけたのかー

次回、答え合わせですね。
弥子の話を、楽しみに待ちたいと思います。






さて、後はネウロについて。

今回早坂兄弟に頼んだものが明らかになりましたが、ヘリそのものだったんですね!
軍用ヘリかー・・確かに彼らじゃなきゃ、手に入らなそうだw

でもあのヘリを囮に使っちゃうのは、さすが彼らしいというか・・。
しかも借金を弥子に負わせてますからね。
吾代にした仕打ちといい、本当にどS だな、ネウロは(^^;)


 まぁそこまでしないとHALに勝てなかったのかもしれませんが、それにしてもこのやり方はネウロにしか無理ですねw
これからも味をしめて無茶ばっかり強いないといいんですが・・。

ちょっと心配になりましたw



後は魔力が少ないのも、まだ心配・・。
でも次回は謎とついに対峙できるのだし、後はそれが喰えれば全て解決という感じかな。

HALの謎は、かなりのエネルギーとなるでしょうからね。
一気に回復するネウロの姿、早く見てみたいものです。

ここまで来たら、後はHALを捕えるだけ・・。
一気にネウロのターンです!

久々に彼の元気な姿を見られることを祈って、次回を待ちたいと思います。




それにしても、彼の自分にもパスワードは解けたか?っていう問いは良かったですね。
無理だと答える弥子も・・なんかこう、伝わるかな。信頼関係のあるパートナーっていう感じ!

2人の関係、どんどん強固になっていきますね。
今回の件で特に、それが強まった気がします。
その点からも、今回の事件は重要な分岐点だったなーと思います。


長かったHAL編も、ついに終わりが近づきました。
後は謎解きと、謎喰いだけ・・。

最後までしっかりと見届けたいと思います。










さて、次回は弥子がパスワードの解読について明かす回でしょうか。

彼女はあの病院で、春川の何を知ったのか。
そしてそこから導き出されたパスワードは、一体何だったのかー

その全てが、ついに明らかとなるのですね!
これは待ち遠しい!!

そして最大の見せ場ーネウロはついに、謎を喰うことができるのでしょうか。


次回も楽しみです☆