前回、西島と組んで雪輝たちの行方を追った或たち。
しかし彼らは由乃の罠にハマり、命の危険にさらされてしまいます!!

また当の雪輝も、由乃に監禁され衰弱している状況・・。
全員ピンチの中、彼らは雪輝を助けて由乃を正気に戻すことができるのでしょうか?!
そして、この状況を作った由乃の目的とはー?!

感想です☆




Diary25~ 「8thの日記」




※以下、ネタバレあり※







◎日記所有者一覧◎
・1st 天野雪輝・・無差別日記
・2nd 我妻由乃・・雪輝日記
・3rd 火山高夫・・殺人日記、死亡
・4th 来須圭悟・・捜査日記、死亡
・5th豊穣礼佑・・はいぱーびじょんだいありー、死亡
・6th春日野椿・・千里眼日記、死亡
・9th雨流みねね・・逃亡日記
・10th月島狩人・・飼育日記、死亡
・12th平坂黄泉・・正義日記、死亡






◎あらすじ◎

或(ある)たちがいる部屋には、どんどんコンクリートが流れ込んできていた。
高坂(こうさか)がどんなにドアに体当たりしても、びくともしない・・。
30分もしたら、ここは完全に埋まるだろうー
或はそう予測し、笑いを漏らす。

由乃(ゆの)は本気だー。
彼の言葉に、高坂たちは言葉をなくす・・。

脱出の有効な策もなく、3人は途方に暮れた。
高坂はせめて遺書だけでも書いておこう、と日記を開く。
それを見た或は、まだ早い、と口にした。

彼は部屋に仕掛けられた監視カメラを確認し、まるで無策って訳でもないさ、と述べる。
遺言を書くのは、試せることを試してからにしようー
そう言って、彼は笑みを見せるのだった。


その頃ー
由乃は雪輝(ゆきてる)のために食事を用意していた。

出来上がった料理を手に、彼女は雪輝の上にまたがる。
そして口を開かない雪輝に、無理やり食事を突っ込んでいく・・。

それを床から見ていた日向(ひなた)は、由乃にやめるように言った。
雪輝は嫌がってるじゃないかー
彼女がそう言うと、由乃は喜んでるよーと首を振る。

ユッキー、ここにいれば日記所有者に襲われることもないし、警察に追われることもない。
何よりずっと2人でいられるもんね。
彼女はそう雪輝に語り掛けると、楽しそうに笑う。

そうして甲斐甲斐しく世話を焼く彼女を、日向は恐ろしいものでも見るかのように眺めた。
そこにー或の声が響く。

それは、彼が監視カメラに向かって話したものだった。
或は由乃に確認したいことがある、と語り掛ける。
今ひょっとして君の元には、死体の頭部が2つあるんじゃないかなー?

ーその問いに、由乃はぴくっと体を震わせた。
確かに頭蓋骨は、椅子の上に鎮座されている・・。
由乃がモニターに近づくなか、或は雪輝たちが失踪した間に1人調査をしたことを明かした。

彼は由乃の家に行き、もう一度あの大穴について調べていた。
そして、穴の底に埋まっていたものに彼は気付いたのだー。

そこにあったのは、3体の死体だった。
だがその死体には頭部がなく、切り口もまだ新しかった。
だから或は、由乃が頭部を持ち運んでいるのではーと考えたのだ。

それを聞いた由乃は、モニター越しの或をぎっと睨みつける。
パパとママを起こしたなー!!
そう怒鳴ると、或は楽しそうに目を見開いた。

ご両親・・!!
由乃の両親は出張中ということになっていたが、やっぱり嘘だったか・・。
彼は死体は埋め直しておいたから安心するようにーと彼女に告げる。

横にいるまおたちには、何の話かさっぱり分からない・・。
だが或は2人を抑えて、更に由乃に尋ねる。
では、本題はここから。だとすると、今の話には妙な点があるー

彼は由乃に指摘した。
自分が見つけた死体は、3体。その内頭部のない死体は2体で、1体は完全体だった。
頭部のない死体が両親だとすると、残る1体は誰の死体だー?

殺す・・。
或の問いかけに、由乃は歯を噛みしめた。
或はその声に構わず、そこまで話すと交渉を持ちかける。

今の内容を警察に知られたくなければ、自分たちを解放するんだ。
彼はカメラ越しに、今の内容をメールで西島に送ろうとしていることを明かす。
彼が送信ボタンを押せば、全ては明らかになってしまう・・。
由乃は或の携帯の画面を見て、息を呑んだ。

これは由乃にとって知られたくないことだろうー?
或は尚も問いかける。
返事がないことに、まおたちは由乃が悩んでいることを感じる。

ということは、この交渉が通れば自分たちは助かるー!!
2人は手を取り合って喜ぶ。
だがその時ー彼らの部屋に、由乃の狂気に満ちた笑い声が響いた。

彼女は大声で笑うと、何のこと・・?と静かな声で訊いた。
或が意味が伝わらなかったかな・・と問うと、由乃は更に分からないという風に口ごもる。
それから彼女は雪輝に、或たちが変なことを言っていると告げ口しに行った。
その声のトーンが普段と同じ調子なのに気づいた或は、眉をひそめる。

記憶の改ざんか・・。
彼は以前由乃の家で起きた出来事を思い出す。
僕たちをー忘れたな?

するとコンクリートが流れ込む量が、一気に増えた。
まおたちは仰天し、モニター越しにそれを見ていた日向も由乃にやめるように叫ぶ。

だが彼らの声は、まったく由乃に届いていなかった。
さっきまで腰までだったコンクリートは、既に胸の辺りまで或たちを飲み込んでいた。
このままでは埋まってしまう・・
高坂は、だから関わるのは嫌だったんだ・・と悲鳴をあげる。

結局遺言かよーーー!!
彼は涙目で日記を打った。そしてそれを投稿する。
ーその時だった。

高坂の日記に、運営からメールが入ったのだ。
その内容は、彼の日記の投稿数が規定値に達したという知らせだった。
それを高坂が読んだ瞬間、携帯からノイズ音がし、画面が書き換わったー

どうやら日記のランクが上がったらしいー。
その音に、或は以前雪輝たちの日記が書き換わるのと同じ音を聞いたように感じ、目をやる。
すると高坂の日記に新たな文面が表示された。

BLOG新機能「未来日記」の能力の一部が解放されます。
ようこそ日記所有者見習い 高坂王子様

高坂はそれを読んで、叫び声をあげた。
日記所有者見習いー?!

彼の日記には、次々に未来を予知する文面が現れる。
ー3人肩車の上からジャンプ!
更に高坂キックで、部屋から脱出!
その予知を3人は見て、一か八か試してみることにする。

一方、雪輝と由乃の日記も書き換わろうとしていた。
由乃はノイズに気付き、急いで画面を確認する。

その間に、或とまおは肩車で高坂を持ち上げた。
もうコンクリートは或の肩まで届いている・・。
高坂は自身の日記を信じ、思いっきり壁へと飛んだー。

高坂キーーーーック!!!

彼は壁を乗り越えると、由乃たちのいる管理室の窓を突き破って侵入した。
そして華麗に着地すると、にっと笑う。
俺って輝いてるぜ!!

由乃は雪輝を守るため、彼の前に立った。
未来日記所有者のノイズを聞いた彼女は、現状が理解できず警戒を強めるのだった・・。




















新たな未来日記所有者。


今回はピンチに陥った或たちと彼らを殺そうとする由乃との攻防を描いた話でした。
ラストがまさかの展開で驚きwここに来て、高坂が輝いてくるとはw

この新たな日記のシステム、すごく気になりますね。
由乃の家の死体の謎についても触れたし、今回もなかなか興味深い話でした。


まずは由乃の家の死体の謎から。

やっぱり或は由乃の家を調べていましたね。
まぁ今回の逃亡は、100%彼女が仕組んだもの・・。
だとすれば、まずは由乃の事情を探るのが筋でしょう。

そこで大穴を掘り返し、3体の死体を発見した或。
これで死体のことを知る人物は、雪輝と或の2人に増えました。

今回、死体の内2体は由乃の両親ということで確定しました。
まぁこれは予想の範囲内ですね。

いつ彼女が両親を殺したのかは分かりませんが、1年前の雪輝とのエピソードを思い返すに、あの頃から既に両親とは上手く行っていなかったものと思われます。
彼女と両親の間に何があったのか、気になりますね・・。

そして、或が気になっているのはもう1体の死体のこと。
そうですよね、私たちもそっちの方が気になっています。
両親ともう1体ーその1体は一体誰なのか・・これが明らかにならないと、由乃が殺人を犯した理由にもたどり着けませんからね。

今回も明らかにはなりませんでしたが、或にも心当たりがないとすると、由乃の兄弟・・という線は薄そうですね。
探偵見習の彼なら、真っ先に由乃の兄弟関係を調べたはず。
そこに言及がないとなると、由乃は元から1人っ子だった可能性のほうが高いでしょう。

ただそうなると、ますます最後の死体が誰なのかが気になりますね。
一瞬雪輝の父親かな?とも思ったけど、望遠鏡を借りに行く予定だったところを見ると死んではいないか・・。

由乃にとっては両親より触れられたくない人物のようですが、その相手にはさっぱり思い当たりませんね。
今までの話でも、そんな第三者の要素は感じなかったんだけどなー・・。

この謎は、もう少し持ち越すことになりそうですね。
由乃が自白するのか、それとも周囲が謎を明かしていくのかー
すっごい気になるけれど、とりあえずは成り行きを見守るしかないようです。

せめて死体の性別や年齢だけでも分かればヒントになるのになぁ。
じれったいですねー、早く真相を知りたいものです!




さて、次は高坂の日記について。

今回は2つの謎にフォーカスした話でしたが、そのもう1つの謎!
高坂の日記が、未来日記になった謎について見ていきたいと思います。


いや、でもこれ全く意味分からないですよね。
恐らくレンタルBLOGの会社が、所有者と関係があるのでしょうが、仕組みがさっぱり分かりません。

個人的には、デウスたちの企みとは思っていません。
彼らが取る手としてはまどろっこしいし、ゲームをかき乱すにしてもやりすぎだと感じるからです。

2人だったら、もっと所有者たちの分からないところで動くでしょう。
ムルムルが来須との戦いを速めたように、本人たちには決して気付かれないような方法を取るはずです。
所有者たちに気付かれたら、反目されかねませんからね・・。

なのでこの件に関しては、10thのように未来日記の特色を利用した誰かの策だと予想します。
じゃぁ元の日記はどんなんだ、と言われると全く想像つかないんですけどね・・。
未来日記の力を、段階的に他者に分けられる力?
そんなの、あるのかな・・。

しかし、現状はそれ以外に説明がつかないですね。
ここは次回以降のタネ明かしを待つしかないでしょう。

ただこの方法を取れるということは、まだ見ぬ日記所有者は、高坂のような日記見習いをどんどん増幅できる可能性もあります。
高坂が選ばれた訳ではないと思うのですよね。
彼が選ばれたというよりは、数ある候補者の中でたまたま高坂が条件を満たしたーというだけなのではないでしょうか。

だってあの高坂ですよ?wいきなりヒーローになんかなる訳ないですw
単純に彼のマメさが、功を奏しただけだと思います(ひどい)。

なので、今後は所有者の息のかかった日記見習いが、次々に雪輝たちを襲いに来る展開もありえると読んでいます。
BLOGをつけている人間が皆見習いまではランクアップできるのだとしたら、恐ろしい話ですね・・。
そんなことないと思いたいけど、この作品ではむしろあり得る方が強いから困るw

一体このシステムを操っているのは、誰なのか。
もう正体の分からない所有者は、たった3人しかいません。
その中の誰かが裏で手を引いていることは、恐らく間違いないのです。

次なるゲームの相手は、一体何thなのか。
次回明らかになるかな?
どんな相手なのか、楽しみです!!








というわけで、次回は或たちの反撃の回でしょうか。

いきなり未来日記所有者見習いとなった高坂。
彼の日記の予知があれば、頭の切れる或が由乃に打ち勝つことも不可能ではないでしょう。

雪輝の衰弱具合も気になりますし、一刻も早く彼を助け出してあげてほしいところ。
ただ相手はあの由乃なので、最大限の警戒は必要ですよ!!


また、新たな所有者の影も気になります。
次の相手は一体どんな人物なのかー


次回も楽しみです☆