前回、本物の愛の力を前に、7thに敗れた雪輝たち。
日記を奪われ傷ついた2人・・。
そんな彼らの前に、みねねが再び現れます!

彼女の目的とはいかに?!
また、雪輝たちは7thから日記を奪い返すことができるのでしょうかー?

感想です☆




Diary30~ 「偽りの家族」




※以下、ネタバレあり※










◎日記所有者一覧◎
・1st 天野雪輝・・無差別日記
・2nd 我妻由乃・・雪輝日記
・3rd 火山高夫・・殺人日記、死亡
・4th 来須圭悟・・捜査日記、死亡
・5th豊穣礼佑・・はいぱーびじょんだいありー、死亡
・6th春日野椿・・千里眼日記、死亡
・7th戦場マルコ・美神愛・・交換日記
・8th上下かまど
・9th雨流みねね・・逃亡日記
・10th月島狩人・・飼育日記、死亡
・12th平坂黄泉・・正義日記、死亡





◎あらすじ◎

7月6日。
桜見市内を、ある男が歩いていた。
彼はうだるような暑さに、こんな日に外を出歩かなければならないとは・・と息をつく。

大事な用事だから、仕方ないかー。
そう呟くと、彼は目の前のビルを見つめた。
あれが雪輝(ゆきてる)が入院している病院か・・。

半年ぶりかな・・。
ー彼は雪輝の父、天野九郎(あまのくろう)だった。


同刻、雪輝はみねねによるリハビリを受けていた。
西島(にしじま)と或(ある)が彼女と契約し、頼んだのだ。
意味も分からずキツいトレーニングを課せられた雪輝は、何がどうなってるの・・?と涙目で呟く。

それを聞いたみねねは、雪輝に事情を説明した。
自分は西島たちに頼まれて、対7th(セブンス)戦のために雪輝のコーチになったのだ、と。

それは、彼らによれば秘策なのだという・・。
まだ意味が分からず戸惑う雪輝だったが、そこに誰かが入ってくる。

その人物を見た雪輝は、驚いた。
それは半年ぶりに見る、父親の姿だったのだ。

九郎は入ってくるなり、みねねとマンツーマンでトレーニングをする雪輝を羨ましがり、自分も仲間に入れてもらおうとする。
その一風変わった父親の態度に、みねねは呆れかえるのだった。

見舞いに来てくれた父が、雪輝は嬉しかった。
彼は母親のいない時で良かった・・と安堵しつつ、ふと思い出す。
もし離婚していなければ、今頃3人で星を見に行ってたんだよな・・。

どうして離婚しちゃったんだろう。父さんと母さん、再婚はしないのかな・・。
彼は思わずそう考え、うつむく。
一方みねねと絡みたがる九郎は、彼女にある提案を持ち掛けていた。

自分と雪輝が勝負をして、もし勝ったら何でも自分の願いを聞いてもらう・・というのはどうか、と。
それを聞いた雪輝は、顔を上げる。

すると九郎は、逆に雪輝が勝ったら願いを何でも叶えてあげるーと笑みを浮かべた。
参考までに、雪君の願い事は何だい?
そう問われた雪輝は、悩んだ末に口にしてみることにする・・。

父さんと母さんに、再婚してほしいー。

その言葉に、九郎は目を見張る。
雪輝は慌てて、星を見に行くっていう約束だったじゃないか、と付け足す。
すると九郎は、息をついた。

分かったよ、それが雪君の願いなら。
ただし雪君が勝てた時だからねーと彼は笑ってみせる。
父親が自分の申し出を受け入れてくれたことに、雪輝は喜びを感じるのだったー。


その頃ー
或たちは、由乃(ゆの)の病室にいた。

彼女はもうすっかり元気になり、外を走ってリハビリしている。
その姿を眺めながら、西島は秋瀬(あきせ)君の予想通りだったな・・と口を開いた。

或はうなづき、雪輝も由乃も予想通りまだ消滅していない・・と笑みを浮かべる。
その鍵は、みねねだった。
まさか彼女がこんな形で役に立つとはなー
西島は刑事として納得がいかないながらも、或の作戦の遂行に引き続き協力の姿勢を見せるのだった。

一方、雪輝たちも外に出てきていた。
彼らは早速、雪輝と九郎の体力測定勝負を始める。
記録が高いほうが、勝ちというシンプルなルールだ。
雪輝と九郎は、様々な測定に挑み、競い合うー

・・だが、結果は全て九郎とみねねが組んだだめ、ズルをした九郎の勝ちとなってしまった。
雪輝は自分の願いがかかっているので焦るが、みねねはふざけまくる九郎を見て楽しそうに笑う。

楽しい方がいいじゃないか。父親と会うの、久しぶりなんだろうー?
そう励まされた雪輝は確かに・・と、勝負を忘れて九郎との時間を楽しむことに決める。

こんな風に父さんと過ごすのは、久しぶりだな・・。
彼らは暫し全てを忘れて、楽しい時間を過ごした。
そんな3人の姿を、由乃は陰に隠れて観察するー。

ユッキー、楽しそう・・。
暫く眺めてから、由乃は安心してほっと息をついた。
また怖い人が来たらどうしようと思ったけど、ユッキーのお父さんだったのか・・。

彼女は持っていたナイフを下ろし、疲れた体を休める。
お父さんが良い人で良かったね、ユッキー・・。


その後、雪輝たちは最終種目のマラソンをするため病院の外に出た。
結局九郎には、今までの競技で1つも勝てていない・・。
落ち込む雪輝に、みねねは最終種目は1つで100種目分の点数が入る、とウインクする。

それを聞いて一気にやる気を見せる雪輝に、九郎は申し訳なさそうな表情を見せた。
彼は、離婚した理由を雪輝に打ち明ける。
それは、九郎が借金を抱えているのが理由だった・・。

自分が全部悪い。お金にだらしなく、今も200万近い借金があるから、母さんとは別れたんだ・・。父からそう打ち明けられた雪輝は、初めて知る事実に驚く。
そんな中、2人はみねねの号令に従って夕焼けの中を走り出すのだった・・。

走り始めると、九郎は雪輝を置いてぱっと前を走り出してしまった。
雪輝は九郎の話がショックで、動きに身が入っていなかった。
借金の話なんて、全然知らなかった。
じゃあ、勝負に勝てても再婚なんてできないじゃないかー。

彼はそう考え、思わず涙ぐむ。
その横を、みねねがスクーターで追ってきた。
彼女は涙を見せる雪輝に、コーチとしてお前の悪いところを教えてやる、と行って笑う。

お前の悪いところは、自分の弱さにすぐ諦めちまうところだー。

抗い続けることで、届く奇跡というものもある。ちっぽけでもいいから、抗ってみるがいいさ。
その想いが、親父さんに届くようにー。
彼女はそれだけ告げると、スクーターで先に行ってしまう。

雪輝は、みねねの言葉を噛みしめた。
そして涙を振り切るとー真っすぐに走り出す。
間に合わなくても、勝てなくても、最後まで諦めないー
そうして、彼は無事高台のゴールまでたどり着いた。

ーそこに、九郎の姿はなかった。
だが雪輝宛に、彼は1通の手紙を残していた。

そこに、再婚の件は考えておく。返済のめどは立ってるんだーと記されているのを見た雪輝は、笑顔になる。
彼はその手紙を抱きしめ、諦めないことの大切さを実感するのだったー。

・・その姿を眺めながら、みねねと西島は少し離れたところで落ち合った。
あれで良かったのか?
そう尋ねるみねねに、西島はうなづく。

ああ、これで9th(ナインス)雨流みね(うりゅうみねね)が7thを倒す秘策を持っているという情報は、雪輝の無差別日記を通じて7th側に流れた。
情報はただのフェイクだが、7thは今後の状況を確認するため、日記の破壊を思いとどまるだろうー。

このことで、警察には時間稼ぎができた・・。
西島はそう言うと、地図に〇を書き込む。
彼が〇を付けたのは、児童養護施設「母の里」だったー。

みねねはそれを確認すると、この貸しは必ず回収するからーと言って、去っていく。
西島もまた、了解だーと彼女の背中に応えるのだった。
それが、来須(くるす)課長の意志だからな・・。


ーその一部始終を、由乃は離れたところで観察していた。
彼女は雪輝の思いが父親に届いたことを知り、影ながら彼にエールを送る。

その時ー由乃は、九郎が病院に車で戻ってきたところを発見した。
雪輝はまだ高台にいるのに、どうしたのだろう・・。
疑問に思った彼女は、九郎の後を追ってみることにするー。

すると九郎は雪輝の病室に行き、荷物を漁った。
どこだ!どこだ!アイツ、どこに隠した・・?!
彼は雪輝が戻ってくる可能性に焦りながら、荒々しく荷物をひっくり返す。

そして彼は大きく舌打ちした。
アレがあれば、またしばらく遊んで暮らせるっていうのにー!!

そこに、九郎の携帯に着信が入った。
彼は電話に出ると、日記が見つからないことを相手に伝える。
だが必ず探し出してみせる・・九郎はそう言うと、尋ねた。

それより・・例の約束は、本当なんですよね・・?
雪輝の携帯を壊せば、200万の借金を帳消しにしてもらえるという話は・・、。

それを聞いた由乃は、急いで姿を隠す。
幸い、九郎には彼女の存在は気付かれることはなかった。

だが彼の雪輝への裏切りを知った由乃は、一気に九郎への殺意を膨らませるのだったー。




















雪輝の父親。


今回は入院中の雪輝の元に、彼の父親がやってくる話でした。

ここで父親登場!
以前から両親の離婚のことは聞いていましたが、出てくるとは思っていなかったので予想外でした!

見た目は優男っぽいけど、接しやすくて良いお父さんだな~とか思ってたら・・ラストではがっかりでしたけど。
まぁ借金あるって言ってたしなー・・。
いきなり訪ねてくるのも変といえば変だし、裏があるのもうなづけますね。

雪輝には気の毒だけど、あのバリキャリのお母さんからしたら別れるしかなかった案件かも。
由乃にはバレてしまったし、これは再婚も無理そうですね・・。


ただ由乃の伝え方が上手くないと、これはまた雪輝との間の亀裂となりうるかも。
雪輝は久しぶりにお父さんに会えて浮かれているし、再婚の可能性を喜んでいますからね。
また由乃が暴走して父親を襲うようなことがあれば、聞く耳を持たないでしょう・・。

7th戦も控えているのに、今仲たがいするのは良くないので、ここは由乃が雪輝にどう伝えるかにかかっていますね。
彼女だって7thたちの本物の愛を見て、もう雪輝と揉めたくないとは思っているはずですし・・。

ここは彼女の成長ぶりに期待したいですね。
雪輝との絆を取り戻すチャンスでもあると思います。
突飛な行動に出るのではなく、じっくりと思いを伝える術を由乃には学んでほしいです・・。



で、話は戻って雪輝の父を動かしている人物なのですが・・一体誰なのでしょう?

雪輝たちが携帯を7thに奪われていることは、7thと8thは知っているはずです。
みねねたちも知っている・・
となると、まさかの11thなのでしょうかー?

他に該当する所有者は、いないんですよね・・。
まぁ所有者ではない可能性もありますが・・でもそんなことあるか?

これはもしかして、更にこの戦いに11thも絡んでくる可能性が出てきたということでしょうか?!
いや、これはヤバいですよー。
ついに全員揃うかもしれないってことじゃないですか!!

11thはもっと後で戦うのかと思ってたけど、この感じだとラストはみねねや由乃との戦いになりそうですね。
うーん、こんなサクサク進むとは、本当思ってなかった!

11th、確か男性でしたよね。
雪輝の借金を帳消しに出来るような人物ということは、裏の世界の人間とか金持ちとか?
この混乱に乗じて迫ってくる辺り、なかなか油断ならない人物に思えます。。

まぁまだ11thが関与しているとは限らない訳ですが、もし関わっていたらかなり面白い!と思って予想してみました。
日記を探す以上、雪輝の父親も7thとの戦いに否応なく参戦するのでしょうね・・。

雪輝にとっては、父親の裏切りもあり、マルコとの勝負もあり、由乃とどう対峙するかの問題もあり・・今回の戦いは、前回より更に厳しい状況に立たされそうです。
生き残るためには、彼は何を捨て、何を選択するのかー
雪輝の決断を、待ちたいと思います。





さて、続いてはみねねたちの作戦について。

今回、みねねが協力に出た理由が明らかになりました。
恐らく或の作戦でしょうね。
雪輝の日記の特質を利用して、7thたちを欺くために彼女は呼ばれたのでした。

なるほど、確かにみねねが7thに関する重要な情報を持っているとなれば、彼らは気になるでしょうね。
雪輝たちを倒した後は、高確率で9thとの戦いも待ち受けています。
そのことを考えたら、今は少しでもみねねの動向を知る手段がほしいところでしょう。

或はその辺、本当に頭が切れますね。
7th8thは日記見習いたちの情報から、雪輝たちの所在を割り出し接触してきました。
であれば、雪輝たちの日記からも情報を引き出そうとするだろう、と踏んだのですね。

前回も7thたちが雪輝たちの日記を持ち帰った理由が分からなかったのですが、今回の話を読んで、恐らく8thのために持ち帰ったのかなーと予想しました。

7thたちは一度雪輝たちに勝っているし、彼らの力量を知って今後も勝てると余裕を感じているでしょう。
だからまずは8thのために日記を持ち帰り、彼女の戦いの有利になるように情報を提供しようと考えたのではないでしょうか。

情報を引き出す以外の目的で、持ち帰ることはあんまり考えられないですからね・・。
恐らくこの線で合っているのではないでしょうか。

それに、7thたちには余り神になりたいという意志は感じられないですよね。
どちらかというと、8thの方が立場的には神になりたいという気持ちは強そう。

その辺の微妙な関係がよく分からないのですが、7thよりは8thの方が自分で動かない辺り虎視眈々と機会を窺っているように見えます。
まぁ性格的な問題かもしれませんが、個人的には8thの方が人生経験も多そうだし敵としては脅威に感じます・・。

次回、再び7thとの再戦となるのでしょうか。
雪輝の父の問題も加わり、更に事態は複雑化しています。

雪輝たちは日記を取り戻し、今度こそ7thたちに勝つことができるのかー
見守りたいと思います!



そしてみねねに関しては、今回は戦いに加わる気はなさそうですね。
西島との関係が気になりますが、今回の協力に関しては何か取引があったのかな。
互いに来須に対する思いもありそうだし、意外と馬が合うのかもしれませんね。

後は雪輝を倒すのは自分だーという思いも、みねねにはまだあるのかな。
どっちかっていうと、彼女の雪輝への態度には出来の悪い弟の面倒を見る姉みたいなものを感じるんだけど、それもまた再戦のときに対等に戦えるようにーってことなのかもしれません。

彼女もここまで、生き延びてきました。
7th戦が終われば、いよいよ残る所有者は5人です。
みねねとの戦いも、そんなに遠くはありません。

段々雪輝との距離も近づいてきてるし、彼女に関しても今後どう関わっていくことになるのか未知数ですね・・。
今回も、雪輝に大事なことを教えてくれたみねね。

次出てくるのは、もしかして2人が戦うときとなるのかもしれませんね。
彼女が何を考えて動いているのかー
この辺も気にして見て行きたいですね。







さて、次回は7thとの再戦でしょうか。

雪輝たちは一刻も早く日記を回収したいだろうし、7th側もみねねが動いたことを知り気にしているはずです。
この2組の再戦は、必至でしょう。

そんな中での、雪輝の父の裏切りー。
それを知ってしまった由乃は、どう動くのでしょうか?!

雪輝と由乃の絆が試される時です!

次回も楽しみです☆