前回、デウスとムルムルにより、母が生き返るただ1つの方法を知った雪輝。
それは彼がサバイバルゲームに勝ちぬき、神になるというものでした。

そんな中、礼亜の殺人を悔い、自首することを決意した九郎。
彼は突然何者かに殺されてしまいます。

父と母の死、叶わなかった夢・・
その全てを失ったとき、雪輝は神になることを決意しますー!!

感想です☆




Diary36~ 「契約」





※以下、ネタバレあり※








◎日記所有者一覧◎
・1st 天野雪輝・・無差別日記
・2nd 我妻由乃・・雪輝日記
・3rd 火山高夫・・殺人日記、死亡
・4th 来須圭悟・・捜査日記、死亡
・5th豊穣礼佑・・はいぱーびじょんだいありー、死亡
・6th春日野椿・・千里眼日記、死亡
・7th戦場マルコ・美神愛・・交換日記、死亡
・8th上下かまど
・9th雨流みねね・・逃亡日記
・10th月島狩人・・飼育日記、死亡
・12th平坂黄泉・・正義日記、死亡





◎あらすじ◎

雪輝(ゆきてる)は父の死に、ただ茫然と佇んだ・・。
そんな彼に、複数の男たちが近づいてくるー。

どうして・・。父さんは謝ってくれた。
罪を認めて、自分とやり直してくれると言ったのに。なのに・・!!
雪輝は絶望し、男たちに向かって叫ぶ。

何なんだ、お前らはーーーー!!!


一方由乃(ゆの)は、雪輝日記を見て彼の元へと急いでいた。
西島(にしじま)の相手をしていたせいで出遅れたことに、彼女は苛立つ。
これで雪輝が死んだら、あいつも殺してやるー!!
由乃は日記をチェックしながら、神社の中へと入るー

そんな中、男たちは雪輝にナイフを向けた。
時間はかけられないー彼らの内の1人が、動かない雪輝の背にナイフを突き立てようと動く。
だがーその瞬間に、雪輝は動いた。

彼は九郎(くろう)の胸に刺さったナイフを抜き取ると、男の腹に突き刺す。
よくも父さんをー!!
そうして1人倒すと、雪輝は日記を見た。

次は後ろから掴みかかられるー!
雪輝は日記の予知を利用して、次々に敵の攻撃をかわす。
そして逆に彼らにナイフやダーツで応戦した。
子どもとは思えないその動きに、男たちは面食らい後手に回る・・。

更にーそこに由乃がやってきた。
彼女もナイフで次々に敵に切りかかり、その内敵は全滅した。
由乃はそれを確認すると、急いで雪輝の元へと駆け付ける。

するとー雪輝はその場に崩おれた。
彼は正気を取り戻し、自分のしたことへのショックで吐き戻してしまう。
由乃はそんな彼を懸命に介抱し、水を飲ませた・・。

そこで、ようやく雪輝は落ち付く。
彼はまだ震えながらも、由乃の瞳をしっかり見つめて言った。
僕は決めたんだ・・。僕は神を目指すー!!

彼はそう言って、由乃にナイフを向ける。
全ての所有者を倒して神になって、父さんと母さんを生き返らせるんだ。だから由乃は僕の敵だー!!
雪輝は泣きながら叫び、由乃の胸にナイフを当てるー

すると由乃は静かに、そう・・とうなづいた。
雪輝は泣きながら、尚も続ける。
1人でだって出来る。8th(エイス)の居場所は分かっているし、9th(ナインス)は知った顔で油断させればいい。
11th(イレブンス)はどうにか探して・・

泣きながらそう呟く彼を、由乃は優しく見つめた。
彼女はその顔を覗き込む。
私は?私は今殺すの?

その問いに、雪輝は答えられなかった。
そうして泣きじゃくる雪輝に、由乃は口移しで水を飲ませるー。

その冷たさに、雪輝の意識がはっきりとしていくー。
彼が大人しく水を受け取り飲み干すと、由乃は口を放した。
それから、彼女は笑みを浮かべる。

私はいつだって、ユッキーのために死ねるよ?
その言葉に、雪輝ははっと顔を上げる。
彼はそのまま大声で暫く泣き続けたのだった・・。


その後、雪輝たちは日記により、自分たちを襲った者が11thの手の者だったことを知った。
11thの増援がその場に駆けつけたときには、既に雪輝たちの姿はなかった。

そのまま2人の消息は途絶えーそして5日後。
7月15日、桜見市役所。

そこは、経済情報や警察情報など、あらゆる桜見市に関する情報が集まる場所だった。
今日、ここで1つの議題が評決されようとしていた。
市長のジョン・バックスは議場に入ると、早速議会の開始を宣言するー。

今日の議題は、児童養護施設「母の里」の解体についてだった。
早速反対派の議員が立ち上がり、急に施設を解体するのは性急が過ぎる、と反論を述べた。

するとージョンは涙をこぼした。
彼は驚く議員に自分も同感だと話し、引き裂かれる子どもたちを思うと胸が痛むーと涙を拭った。

しかしご存じの通り、この施設には先日のタワー倒壊事件の主犯を匿っていたという疑惑がある。
このような施設に、問題がないとは言えない。問題が起きてからでは遅いのだ!!
ジョンの主張に、議場は静まり返る。

彼はいかに自分がこの街の子どもたちを思っているかを、滔々と訴えた。
子どもたちを政治屋の駆け引きに使うな。
子どもたちは一時的に別施設に預けるだけで、影響は最小限に収める所存だー

そう語る彼に、反対派の議員たちはそれ以上何も言えなかった。
ラストージョンは強い瞳で反対派を見つめ、彼は問うた。
私からすれば、この案に反対する者の動機が分からない!反対者の弁を、ぜひ聞きたいが・・?!

ー結果は一目瞭然だった。
ジョンの主張に反対派は答えず、議会は採決に移った。
そして母の里はー解体が決まった・・。

その結果は、かまどの元にもすぐに届いた。
彼女は、予知では否決だったはず・・と驚くが、職員の言葉に眉をひそめる。
もし、市政の中に所有者がいるとしたらー?!


夕方ー
因果律大聖堂に、所有者たちは集っていた。
彼らは11thに呼び出され、ある議題について話し合うこととなっていたのだ。

1st(ファースト)と2nd(セカンド)をこのゲームから降ろせ・・?!
11thの提案に、みねねは驚く。
11thはうなづき、彼は1stと2ndがこの5日間ずっと消息を絶っていることを挙げた。

彼らは全員招集の場にも現れない。であれば、彼らはもう排除するべきだー。
11thはデウスにそう告げ、選択を促す。
デウスに残された時間は、もう少ない。無駄なルールにこだわっている余裕はないと思うが・・。
その言葉に、他の所有者たちはぐっと息を呑む。

デウスが、もっともだな・・と答えた。
無駄なルールに縛られる必要はない・・。
彼の意見に、11thは勝ち誇ったような笑みを浮かべる。

みねねはその様子を窺い、11thを脅威だと感じた。
西島によれば、、今8thの母の里は追い詰められているらしい。恐らく、それも11thの仕業だ。
3人の所有者を同時に追い詰めるとは、11thは一体・・?!

ーその時、デウスが立ち上がった。
では1stと2ndは除名し、その存在を抹消とするー!!
彼の宣言に、場は一気に緊張に包まれるー

だがそこに、雪輝の声が響いた。
待った!!
同時に、雪輝と由乃がー大聖堂に姿を現わす。

少し遅刻したくらいで、酷いよ・・。
そう話す彼は、由乃を抱きながら現れた。
彼は笑みを浮かべ、11thを見据える。
こんにちは、11th。いえ・・桜見市市長。

彼の言葉に、みねねたちは目を見張った。
11thが眉をひくつかせるのを見て、雪輝は勝ち誇ったように笑い声をあげる。
僕が5日間も、何もしていないと思ったのかー?!

雪輝は堂々とし、いつもとは全く違った様子だった。
みねねがそれを興味深く見守るなか、デウスもまた笑い声を漏らす。

これでお互いの素性は、周知となったな・・。
彼はそう言うと、これより姿を隠すという無駄なルールは排除するーと宣言した。
その瞬間、5人の所有者たちの姿が露わになる。

9th雨流みねね(うりゅうみねね)。
8th上下かまど(うえしたかまど)。
2nd我妻由乃(がさいゆの)。
彼らは互いの姿に、笑みを浮かべる。

一方雪輝とジョンは、互いににらみ合った。
神になるのは僕だ!
1st天野雪輝(あまのゆきてる)はジョンにそう宣告する。

それに対し、11thジョン・バックスは苛立ったような表情を隠せなかった。
今、5人の所有者たちのラストバトルの幕が上がるのだったー。




















最後の所有者。


今回は雪輝が神を目指すと決意し、ついに最後の所有者11thの正体が明らかとなった回でした!

いやー、ラストゾクゾクしましたね!本当今回は面白かった!!
いよいよ最終幕という訳ですね!
役者も全て揃い、俄然楽しくなってきました!!

特に雪輝が覚醒して、急にかっこよくなったのにはびっくりw
やればできる子じゃないですかー。
由乃と一緒に黒い服でキメてきたのも、なんかステキw

見事に出しぬかれた11thですが、今後彼との戦いは激化しそうですね。
もはや1人ずつと戦うというよりは、混戦となるのかな?

個人的には、いよいよ再び本気で向かってくるであろう9thが楽しみです!
雪輝たちとの再戦、どんな形となるのかー
期待しちゃいますね。



さて、まずは11thから。

今回ついに正体が明らかとなった11th。
まさか市長だとは!
予想は半分くらい当たりかな?
いや、でも裏の世界の人間だと思ってました。まさか政治家とは・・。

しかも、彼外人ですよね?!
いやー、これは予想できなかった。
ラストに出てくるにふさわしい大人物でしたね!

日記の能力は未知数ですが、さすが市長だけあって人心掌握術には長けていますね。
母の里解体の件での熱弁・・あれだけの演技力もあれば、この先のゲームを自分の良いように操るなど、彼には訳がなさそうです。

すでに8thも追い詰められているし、これはかなり手ごわい敵となりそうです。
市長を襲うなんて、襲う側の立場もかなり悪くなるしなー。戦いを仕掛けるにしても、慎重に行かないと厳しいでしょう・・。

更に11th自身もかなり頭の切れる人物と見受けられます。
今回も自分の敵は手を汚さずに排除していこうという姿勢が見えて、ぞくっとしましたね。
あの9thに手ごわそうだと思わせるんだから、相当ですよ・・。

それに比べて、8thはまだつかみどころがないんですよね。
いつもニコニコしてるし、殺気を感じないというか・・本当に神を目指しているのかな?

なんだか11thが本気で来たら、8thなんて瞬殺されてしまいそうな気がします。
それくらい11thは脅威ですね。雪輝、完全に敵に回したけど大丈夫なのでしょうか・・。

今後の戦いは、雪輝たちと11th戦がまずメインになるのかな。
そこに8thやみねねが関わってくる感じ?

残り5人となったサバイバルゲームー
いよいよラストに向けて走り出したように思います。

この先はどんどん脱落者も出るのでしょうね。
個人的にはみねねが好きだから残ってほしいけど、それもどうなるか・・。

でもどうなっても、最後までしっかりと結末は見届けたいですね。
雪輝覚醒後のゲーム、とっても楽しみです!





さて、続いては雪輝と由乃。

今回、神になることを決意した雪輝。
そしてそれを応援すると告げた由乃。
ついに彼らは目指す道を決め、動き出しました。

彼の両親の死は、悲しいけどこの展開への布石だったんですね。
所有者も残り5人だし、ここからは本気で神を目指す者同士の戦いとなるのでしょう。

それぞれが理由は様々ながら、神を目指しています。
みねねは既に語られていますが、恐らく8thと11thも明確に神になろうという意志は持っているものと思われます。

8thは児童養護施設を運営するくらいだから、博愛精神に満ちている人物なのでしょう。
彼女が神を目指せばいい世界になりそうだし、実際職員たちが協力している様子を見ても彼女は慕われ応援されているようです。

8th自身には戦意はあまり感じませんが、彼女も土壇場では力を発揮してくるタイプかも。
また周りの協力があるので、人数的にも問題ない感じ。
彼女の動向も、今後は気になりますね。

そして11th。
彼はもう、バチバチに神を目指しているでしょうw
目的は何でしょうね。
市長なんかでは満足せず、この世のトップを目指すーという感じかな。

彼の演説は、なんか胡散臭かったですよねw
子どものことを思っているように語ってたけど、本心はどうだか・・という感じ。
実際母の里解体は8thを追い詰めるための策だし、どうも内にはどす黒いものがひしめいているイメージ・・。

彼の目的も、その内明らかになるでしょう。
現在一番の脅威である彼も、雪輝たちの足かせとなるのは必至ですね。


で、そんな中由乃と協力して神の座を手に入れることを決意した雪輝。
今回11thの手下たちに対しても戦意むき出しで、あんな雪輝は初めて見ました。

でもあれくらいの闘志を見せないと、戦いには勝ちぬけないですよね。
この先は何を利用し、何を切り捨ててでも勝ち上がらなければなりません。

何かを手に入れたいなら、何かを捨てる・・。
その覚悟が、今までの雪輝には足りなかったので、この成長は純粋に喜ばしいですね。

由乃との関係も、これでまた変わるでしょう。
あのHappy Endの日は、彼女と結ばれると同時に彼女と別れる日になるのかもしれないなーと今回ふと思いました。

いずれは戦わねばならない2人。
今回の話で、その事実がどんどん現実に近づいてきたと感じました。

今までどこか甘かった雪輝。
そんな彼は、この先本当に変われるのでしょうかー。

他の所有者も脅威ですが、結局一番の脅威は由乃だと思います。
いずれ来る彼女との戦いに向けて、雪輝はこの先強くなっていけるのか。
見守っていきたいと思います。



さて、後今回気になったのは、雪輝たちがどうやて11thの正体に気付いたのか。
他の所有者が知らなかった正体にいち早く気付けたのは、なぜなのでしょうか。

九郎の行動に、何かヒントがあった?思い当たらないけど、息子の雪輝には何かあったのかな・・。
それか8thが追い詰められているのを見て、市議に所有者がいると見抜いてそこから辿り着いたのでしょうか。

行方知れずとなっていたので、或や西島たちとは接触していないはず・・。
彼らが5日間の間にどう動いていたのかも、気になりますね。

その辺、次回語られるでしょうか。
まずは11thに一歩リードしてみせた雪輝たち。
今後の活躍も、期待していきたいです!!








さて、次回は残る所有者同士の戦いが激化していく話でしょうか。

雪輝による宣戦布告を受けた11th。
面子をつぶされた彼は、必ず雪輝たちを仕留めようと動き出すでしょう。

雪輝たちももちろんそれに受けて立つでしょうが、そこに絡んでくる他の所有者の動きも気になりますね。
みねねもがっつり動きだすのかな?今まで静かだった8thはどうなのでしょうか。

ラストに向けて加速していくサバイバルゲーム。
勝ち抜くのは一体誰なのでしょうかー?!


次回も楽しみです☆