てぃあら★ぶる

小学生のこども3人の親。 自分の好きな作品をただレビューしていきますw ※現在仕事が忙しく、更新が緩くなっていますm(__)m

マンガ

前回、オートメイル作りの腕に惚れ込み、ドミニクという技師に弟子入りを志願したウインリィ。

彼女の願いを断るドミニク。
そんな最中、ドミニクの娘のサテラが破水してしまいます!

医者が間に合わないなか、ウインリィは自分が赤ん坊を取り上げようと一大決心をします。
出産は一体どうなってしまうのでしょうかー?!

感想です☆





第19話~ 「あんた達のかわりに」





※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、オートメイルの聖地であるラッシュバレーに降り立ったエルリック兄弟とウインリィ。

興奮するウインリィに対し、エドは国家錬金術師の証である銀時計を盗まれて大ピンチに。
犯人の少女を捕まえるために奔走するエドたちに対し、並外れた体力と整備されたオートメイルで彼らを奔走する少女。

彼女との出会いは、2人に何かをもたらすのでしょうかー?

感想です☆





第18話~ 「誠意の価値」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

今回から、5巻です!

前回、それぞれの道を進み始めたエルリック兄弟、マスタング、そしてスカー。
彼らの道はやがて重なり、巨大な陰謀を暴くこととなるのでしょうかー。

いよいよ新展開となりそうです!

感想です☆





第17話~ 「にわか景気の谷」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、兄弟の絆を取り戻し、錬金術の師匠の元へと旅立つことにしたエドとアル。
ウインリィも同する、彼らの旅はどんな景色を見せてくれるのでしょうか。

一方、内乱の情報からある重要な真実にたどり着いてしまったヒューズ。
秘密を知った彼は、ラストとエンヴィーによって殺されてしまいます・・。

急転直下!マスタングたち軍の人間は、この事態にどう動くのでしょうか?!

感想です☆





第16話~ 「それぞれの行く先」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、中央にやってきたウインリィ。
彼女はエドのオートメイルを直しながらも、中央での短い滞在を楽しみます。

そんな中、どこかよそよそしい態度のアル。
彼はついに、エドに自分の胸の内をぶつけてしまいますー!!

兄弟の絆は、どうなってしまうのでしょうかー。

感想です☆





第15話~ 「鋼のこころ」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、ピンチの状況をロスたちに救われ、なんとか助かったエドたち。
エドは体を静養する間に、オートメイルを直すためにウインリィを中央に呼び出します。

一方、NO.66に指摘されたことが頭から離れないアル。
彼はこのままエドと距離を置いてしまうのでしょうか・・。

感想です☆




第14話~ 「ひとりっ子の気持ち」





※以下、ネタバレあり※







続きを読む

今回から、4巻です!

前回、NO.48とNO.66との戦いを繰り広げたエドとアル。
ようやく賢者の石の情報を手に入れられる段階まで、エドはたどり着きました。

しかし、そこに現れたのはラストたちー!
ついに2組が対面する時です!!

感想です☆





第13話~ 「鋼のからだ」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、マルコーが残した情報の更なる真実を知ろうと決意したエドとアル。
2人は手がかりとなりそうな、第五研究所に夜中に忍び込みます。

そこにいたのは、謎の男2人。
元死刑囚であるという2人は、エドとアルに戦いを挑みますー!

第五研究所には、果たして何が隠されているのでしょうかー?!

感想です☆





第12話~ 「「人間」の定義」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、ラストに先を越され、図書館の焼失を目の当たりにしたエドたち。
しかしシェスカの能力のおかげで、彼らは無事マルコーの残した資料の情報を手に入れることとなります。

しかしそこには、思いがけない真実が。
賢者の石お材料が、生きた人間だと知った2人。
彼らはこの先、この事実とどう向き合うのでしょうかー。

感想です☆




第11話~ 「二人の守護者」





※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、幼馴染でありエドのオートメイルの整備士であるウインリィたちと再会を果たしたエドとアル。
アームストロングは彼女たちから、エドたちの壮絶な過去について話を聞きます・・。

そして無事に体も直り、旅立ちの時。
ところがウインリィの元には、はめたはずのエドのオートメイルのネジが・・?!

感想です☆





第10話~ 「賢者の石」





※以下、ネタバレあり※






続きを読む

↑このページのトップヘ