てぃあら★ぶる

小学生のこども3人の親。 自分の好きな作品をただレビューしていきますw ※現在仕事が忙しく、更新が緩くなっていますm(__)m

未来日記感想

今回から、11巻です!

前回、デウスによって明らかになった或の正体。
彼は観測者という自らの運命と戦い、見事に打ち勝ってみせます!

由乃の正体に気付いた或。
彼は雪輝たちの前で、何を告げるのかー

感想です☆




Diary49~ 「秋瀬或VS我妻由乃」





※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、ついにデウスの寿命が尽きかけ、異常を来たした世界ー。
ムルムルは彼の寿命の終わりが早まっていることに危機を感じます・・。

そんな中、デウスへの謁見を許された或。
彼がデウスに尋ねた質問の真意とは?!
一体由乃には、何が隠されているのでしょうかー。

感想です☆




Diary48~ 「優しい嘘と神代の終わり」





※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、なぜか網膜認証の必要な金庫の二十扉を突破した由乃。
彼女はそのまま中にいたジョンを殺し、最後の敵であるかまどの元へ向かいます。

しかしかまどの元には、彼女の身を案じた或の姿が。
ついに由乃の正体が明らかとなるのでしょうかー?!

感想です☆




Diary47~ 「全ての崩壊プレリュード」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、自分の身を挺して雪輝たちの道を開いたみねね。
けれども彼女の命をもってしても、ジョンのいる金庫の扉を開けることはできませんでした・・。

このまま雪輝たちには敗走の選択しかないのでしょうか?!
由乃が抱えている秘密とは一体ー?!

感想です☆




Diary46.5~ 「Why?」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、みねねとの一騎打ちとなった雪輝。
彼は両親を生き返らせるために、ついにみねねを殺すことを決意しますー。

一方、そんな雪輝に過去の自分を重ねるみねね。
最後の時、彼女は雪輝の背後に子どもの自分を見つけてしまいー?!

ついにVS 9th戦、決着の時です!!

感想です☆




Diary46~ 「決着」




※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、雪輝たちの攻撃から逃れるため、銀行の金庫の中に籠城したジョン。
雪輝は様々な方法で突破を試みますが、ついにその方法は途絶えてしまいますー!

そんな彼に、銃を突きつけるみねね。
由乃は雪輝を救うのに間に合うのでしょうかー?!

二転三転する所有者同士の殺し合いの行方はいかに!!

感想です☆




Diary45~ 「VS 9thラストバトル」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

今回から、10巻です!

前回、窮地に陥ったみねねを救った雪輝。
彼は由乃と組み、ジョンを倒すための奇策に打って出ました。
彼らの作戦は、ジョンの有利をひっくり返すことになるのでしょうかー。

そして西島に別れを告げたみねね。
彼女は何を思い、戦いに挑むのかー。

いよいよサバイバルゲームも、最終幕突入です!

感想です☆




Diary44~ 「我妻銀行ツインタワービル支店」





※以下、ネタバレあり※




続きを読む

前回、ついに明らかとなったジョンの日記の能力。
未来日記の創造主である彼に打ち勝つために、みねねは奇策で彼との勝負に挑みます。

しかし順調に行ったかのように見えた計画の裏で、不敵に動くジョン。
彼によってみねねと西島はピンチに追い込まれてしまいますー!!

2人に逆転の目はあるのでしょうか?!
いよいよクライマックスー感想です☆




Diary43~ 「終末の救い方」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、孫日記の増殖により逃げ場を失ったみねねたち。
そんな中彼らは高坂たちと接触し、HOLONのあるツインタワービルを襲撃することを決意します。

襲撃の直前ージョンの日記の能力に気付いたみねね。
デウスにそのことを問いただしに行った彼女は、突然デウスの攻撃を受けてしまい・・?!

デウスとムルムルの関係にも、新たな展開が。
サバイバルゲームに、何が起こっているのでしょうかー?!

感想です☆




Diary42~ 「死角VS死角」





※以下、ネタバレあり※





続きを読む

前回、西島のプロポーズに困惑するみねね。
しかしなぜか西島の行動だけはジョンに予知されず、彼女は疑問を感じます。

そんな中、爆破したはずのスパコンが起動し、桜見市民の携帯に未来日記が表示される事態に。
一体何が起こっているのかー?!
みねねとジョンの死闘は続きます!!

感想です☆




Diary41~ 「所有者集う」




※以下、ネタバレあり※





続きを読む

↑このページのトップヘ